ニュース

仮想通貨投資、参加者は男性が70%⁉

仮想通貨が認知されるようになって「お金儲け」目的での仮想通貨購入者が多いとされたが、インターネット調査の結果、購入理由は「ブロックチェーン技術への関心」と「お金儲け」の2つが上り大きな差はみられなかった。

しかし仮想通貨の支払い経験は初期購入者で「ゲーム内通貨」「送金」などで実際に通貨として活用する人が多い傾向にあったが、直近購入層では8割は支払い経験がないとし、投資・投機目的での購入が多いことが明らかとなった。

G20で「通貨」としての価値はないとされたが「資産」としての価値は認められた仮想通貨だが、このまま通貨のように扱われることなく変化していくのだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. Ripple社、xRapidと他のサービスとの差別化どう図る

  2. P2Pプラットフォームで顧客確認

  3. フランスの暗号通貨規制状況

  4. ロシア、ベネズエラの仮想通貨「ペドロ」発行を支援か

  5. ステラ(XLM)、イスラム金融参入か

  6. 北朝鮮、2017年に11,000ビットコインを奪取か

PAGE TOP

ニュース

Xtheta、ブロックチェーン技術者の養成事業開始[小学校でプログラミング必修]…

ニュース

LastRoots、3.5憶円の第三者割当増資[引受先はオウケイウェイヴ]

ニュース

マネーパートナーズグループ、暗号通貨交換業を主目的とした子会社設立へ

ニュース

金融庁、新たに2社を仮想通貨交換業者として登録[新規業者が登録完了]

ニュース

昨日(3/25)のニュースまとめ

ニュース

取引所TaoTao、サービス提供間近[事前登録受付開始、キャンペーンも]

ニュース

金融庁、つみたてNISAのミートアップ開催[資産形成への関心]

ニュース

WesternUnionとThunesの提携[BWW/INN/SWIFT/Rip…