ニュース

中国、新たにブロックチェーン技術の実装

仮想通貨の取引や保有、投資に厳しい規制をする一方でブロックチェーン技術には熱心な中国政府が新たなブロックチェーンの活用法を生み出した。

同国の中央銀行、中国人民銀行は26日「ブロックチェーン登録オープンプラットフォーム」(BROP)という形式でのブロックチェーン技術実装を世界初実現に成功したと発表した。このBROPは政府機関での認証要件など官僚の負担を減らすことが目的とされているが、もちろん複数の経済部門での使用も可能となっている。

日本でも仮想通貨の賛否は置いておいてブロックチェーン技術に対する機関を設けることができれば、もっと政府の仕事負担は減り、ミスや改ざんも防げるのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 決済サービス会社がビットコイン受付終了

  2. 「コインベース」規制を批判、英国への進出強化か

  3. ドイツ、医療データ管理にブロックチェーン技術を利用

  4. BitOasis、中東でビットコイン事業を立ち上げ

  5. 新認証システム

  6. 仮想通貨株のロングフィン株が続落、ラッセル指数から除外

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

取引所に続きNewfoundもマルタへ

ニュース

ETHを証券として扱う検討に反発

ニュース

豚の貯金箱ではなくスマート貯金箱

ニュース

タイ、暗号通貨課税の再検討を求める声

ニュース

クリプトジャッキングがサイバー犯罪として有力に

ニュース

IBMら大手銀行参加計画で試験取引実施

ニュース

マイニング需要は今後も続くか、半導体大手TSMCの判断

ニュース

暗号通貨取引所のCEOが市長選挙へ立候補