ニュース

韓国、飲食店で仮想通貨支払い始まる

韓国の大手取引所ビッサムが今年末までに実店舗8000軒で仮想通貨支払いを実現する計画を明らかにした。

この計画にはデジタル決済サービスのコリア・ペイ・サービシズと提携して行うことで、顧客への利便性の向上と満足度を集中的に取り組み、仮想通貨や電子取引の普及をさらに進める。また、仮想通貨対応の決済端末を飲食店に提供することで、より他企業との差を広げ海外への事業拡大を目標としていることを明らかとした。

今年末までに行われるこの計画だが、6月までには試験事業を開始する予定としている。 ビッサムの仮想通貨取引量は世界6位だが、この計画が進められれば大きく躍進することは間違いないだろう。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ウィーペイCEO、仮想通貨での支払いの需要を感じない

  2. アラブ首長国連邦もブロックチェーン技術戦略発表

  3. 米規制当局、仮想通貨監視強化を議会に要請か

  4. ビットコイン1800ドルを突破、欧米や豪州でも投機熱高まる

  5. 注目集まる暗号通貨業界、金融庁は動けるか

  6. 暗号通貨投資は危険か

PAGE TOP

技術

トランプ政権とも関係を持つRipple

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場

ニュース

サイバー対策にAI活用[内部不正防止にも]

ニュース

GMOも日本円を担保にしたステーブルコイン開発へ[中国では]