ニュース

国債返済に仮想通貨利用

ベネズエラの発行した仮想通貨ペトロをめぐって様々な話題が上っているが、今回はそのペトロによる債務返済が行われるということが報じられた。

しかし返済相手であるロシアは「近い将来に仮想通貨による債務返済はない」と仮想通貨での債務返済を受け入れる姿勢はない。

仮想通貨やその技術に積極的な取り組みをみせるロシアなだけに「近い将来」と先を見通しての否定となったが、遠い将来仮想通貨はどのように姿を変え、国際間で扱われるようになるのだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. イングランド銀行総裁がBTC批判

  2. イギリス「クリプトジャッキングは主要なサイバー攻撃になる」

  3. 昨日(9/13)のニュースまとめ

  4. Googleに続きTwitterも広告規制

  5. LINE、dApps構想発表 いずれも2018年内に提供予定

  6. 仮想通貨取引所フオビ、米国進出に向けて「FinCEN」登録

PAGE TOP

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]

ニュース

新規口座開設キャンペーン[Liquid・BITPoint]

ニュース

XRPの注目高まる[Liquidのレバレッジ取引に追加]

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ

ニュース

Microsoft、分散型IDの開発を発表[個人情報も自分で守る環境へ]

ニュース

制裁回避手段としての利用準備を進めるイランと監視強化を行うアメリカ

ニュース

ビッグデータの活用、分散型への歩み