ニュース

国債返済に仮想通貨利用

ベネズエラの発行した仮想通貨ペトロをめぐって様々な話題が上っているが、今回はそのペトロによる債務返済が行われるということが報じられた。

しかし返済相手であるロシアは「近い将来に仮想通貨による債務返済はない」と仮想通貨での債務返済を受け入れる姿勢はない。

仮想通貨やその技術に積極的な取り組みをみせるロシアなだけに「近い将来」と先を見通しての否定となったが、遠い将来仮想通貨はどのように姿を変え、国際間で扱われるようになるのだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 新たに認可取引所誕生[フィリピン]

  2. この下落局面で上昇したアルトコインとは!?

  3. 三井住友信託銀行、富士通と実証実験[不動産×ブロックチェーン技術]

  4. 南アフリカ警察、暗号通貨詐欺調査開始

  5. 仮想通貨関連法案FAQ

  6. Coinbaseへの上場検討で価格急騰

PAGE TOP

ニュース

SendFriend、xRapidを導入したサービス開始

ニュース

1週間(6/17~6/24)の国内ニュースまとめ

ニュース

プロジェクト[Libra]の3つの特徴と問題点

ニュース

アメリカ、FATFガイダンスに合わせた動き

ニュース

昨日(6/22)のニュースまとめ

ニュース

G7での暗号通貨規制に関する対策チーム設立[FATF・Libra]

ニュース

FATF、暗号通貨ガイダンス発表[実現性に疑問の声]

ニュース

金融庁、ガイドライン改正案公表[ICOへの対応]