ニュース

国債返済に仮想通貨利用

ベネズエラの発行した仮想通貨ペトロをめぐって様々な話題が上っているが、今回はそのペトロによる債務返済が行われるということが報じられた。

しかし返済相手であるロシアは「近い将来に仮想通貨による債務返済はない」と仮想通貨での債務返済を受け入れる姿勢はない。

仮想通貨やその技術に積極的な取り組みをみせるロシアなだけに「近い将来」と先を見通しての否定となったが、遠い将来仮想通貨はどのように姿を変え、国際間で扱われるようになるのだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 「ビットコインキャンディ」ハードフォークで誕生か!?

  2. ブロックチェーンで国境を越えた試み

  3. NY証券取引所、ビットコインのインデックスを取扱い開始

  4. Tether のUSDT が怪しいと話題でビットコインが危ない?

  5. アブダビでICOのガイダンス公表

  6. Bitcoinマネロン犯のその後

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

取引所に続きNewfoundもマルタへ

ニュース

ETHを証券として扱う検討に反発

ニュース

豚の貯金箱ではなくスマート貯金箱

ニュース

タイ、暗号通貨課税の再検討を求める声

ニュース

クリプトジャッキングがサイバー犯罪として有力に

ニュース

IBMら大手銀行参加計画で試験取引実施

ニュース

マイニング需要は今後も続くか、半導体大手TSMCの判断

ニュース

暗号通貨取引所のCEOが市長選挙へ立候補