ニュース

国債返済に仮想通貨利用

ベネズエラの発行した仮想通貨ペトロをめぐって様々な話題が上っているが、今回はそのペトロによる債務返済が行われるということが報じられた。

しかし返済相手であるロシアは「近い将来に仮想通貨による債務返済はない」と仮想通貨での債務返済を受け入れる姿勢はない。

仮想通貨やその技術に積極的な取り組みをみせるロシアなだけに「近い将来」と先を見通しての否定となったが、遠い将来仮想通貨はどのように姿を変え、国際間で扱われるようになるのだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 韓国は新しい規制へ

  2. [ブロックチェーン]イオン、VPP実証とBC実証を開始[電力供給形態の…

  3. [韓国でも]暗号通貨の保険サービス計画

  4. 欧州証券市場監督局は仮想通貨を含む金融改革の監督を優先

  5. 国内取引所新体制の動き[コインチェック・TaoTao]

  6. 中国、ブロックチェーン・セキュリティ同盟

PAGE TOP

ニュース

FXブローカーの裏に迫る[コインの森管理人]

ニュース

アメリカ、CBDCに動き[アメリカドル1強の地位]

ニュース

新経済連盟、改正法に関する意見提出[STO・デリバティブ]

ニュース

バハマ、2020年後半にデジタル通貨導入へ[CBDC]

ニュース

昨日(2/14)のニュースまとめ

ニュース

マルチ商法とねずみ講、特定商取引法[コインの森解説]

ニュース

今後分離課税に改められる可能性はある?[コインの森何でも相談室]

ニュース

詐欺被害に合いやすい方に見られる特徴[コインの森解説]