ニュース

中国規制緩和の兆しか

仮想通貨取引の全面禁止・ICOの禁止など仮想通貨に対する厳しい姿勢を取り続けている中国だが、その中国人民銀行新総裁に選ばれた易綱氏はBTCに肯定的な見解を示していた人物であることから、これから中国の仮想通貨規制が軟化する可能性が浮上している。

ブロックチェーン技術に対しては積極的な中国政府の言動から独自の仮想通貨を開発し、流通させることも考えられる。いまや現金を扱わず電子マネーで経済を動かす中国では自国の仮想通貨が発行された場合、流通するのも早く独自の開発がより進むのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. コンセンサスアルゴリズムの種類

  2. 金融庁、ビットコインの発展的法規制に前向き姿勢

  3. シンガポールは仮想通貨の規制を強化

  4. 本当の分散型取引所は存在するのか

  5. 本日、G20とIMF・世銀の年次総会が同時開催[IMFの暗号通貨への見…

  6. FSBのG20宛て書簡「仮想資産は現在、世界の金融安定リスクを生まない…

PAGE TOP

技術

トランプ政権とも関係を持つRipple

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場

ニュース

サイバー対策にAI活用[内部不正防止にも]

ニュース

GMOも日本円を担保にしたステーブルコイン開発へ[中国では]