ニュース

「改竄」防止にブロックチェーン

改ざん問題は日本に限った話ではなく、書類・個人情報・履歴様々なものに関りがある。それを解決するべくGoogleはブロックチェーン技術を利用し「改ざん防止」台帳を制作する計画が進められている。

仮想通貨関連の広告禁止を決定したGoogleが自らその根底技術を利用し、新たに制作するのは矛盾した行動だが、それほどブロックチェーン技術が魅力的だということだろうか。

ともかくこの開発計画への熱意は強く、これからGoogleの個人情報セキュリティ対策やサーバー攻撃対策が強くなり、信用性が高まるのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 欧州初の規制下取引所[Blocktrade.com]

  2. アメリカ、ついに暗号通貨の法規制整備に動き出す

  3. 南アフリカで巨額のビットコイン詐欺の可能性

  4. BITBOX、取り扱い通貨一覧 日本へのサービス展開は?

  5. 日本の暗号資産市場は「まだ投資家の資産が入っていない」

  6. 議員たちは暗号通貨に対して寛容的な姿勢

PAGE TOP

技術

トランプ政権とも関係を持つRipple

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場

ニュース

サイバー対策にAI活用[内部不正防止にも]

ニュース

GMOも日本円を担保にしたステーブルコイン開発へ[中国では]