ニュース

「改竄」防止にブロックチェーン

改ざん問題は日本に限った話ではなく、書類・個人情報・履歴様々なものに関りがある。それを解決するべくGoogleはブロックチェーン技術を利用し「改ざん防止」台帳を制作する計画が進められている。

仮想通貨関連の広告禁止を決定したGoogleが自らその根底技術を利用し、新たに制作するのは矛盾した行動だが、それほどブロックチェーン技術が魅力的だということだろうか。

ともかくこの開発計画への熱意は強く、これからGoogleの個人情報セキュリティ対策やサーバー攻撃対策が強くなり、信用性が高まるのではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 中国企業レノボ 判別装置の特許申請

  2. 規制検討も技術は擁護

  3. 金融立国シンガポールの対応

  4. ロシアは仮想通貨関係のサイトをブロックか

  5. ロシアがICO整備に動く

  6. ビットコインファンデーション重役が予言!「ビットコイン年末までに400…

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

取引所に続きNewfoundもマルタへ

ニュース

ETHを証券として扱う検討に反発

ニュース

豚の貯金箱ではなくスマート貯金箱

ニュース

タイ、暗号通貨課税の再検討を求める声

ニュース

クリプトジャッキングがサイバー犯罪として有力に

ニュース

IBMら大手銀行参加計画で試験取引実施

ニュース

マイニング需要は今後も続くか、半導体大手TSMCの判断

ニュース

暗号通貨取引所のCEOが市長選挙へ立候補