ニュース

韓国大手取引所ビッサム、国内8,000店舗で仮想通貨決済の導入目指す

韓国大手仮想通貨取引所のビッサム(Bithumb)は26日、コリア・ペイ・サービスと提携し、電子決済サービスとモバイルギフトカードプラットフォームを提供すると発表した。これにより、韓国で人気のカフェ・ドロップ・トップなど国内の約6,000店舗で仮想通貨を利用した決済が利用可能になるという。

また、同社は提携先の拡大を進め、年内には8,000店舗への導入を見込んでいる。

韓国国内の取引所ではビットコイン(BTC)に次いで、リップル(XRP)の取引が盛んなことから、リップルの刺激材料になっているとの見方もあるようだ。投機目的の仮想通貨取引が盛んで仮想通貨の認知度の高い同国において、仮想通貨が決済手段としても一般化すれば、リップルに限らず多くの通貨の流動性が大幅に向上することが期待される。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. オーストラリアの店舗でビットコイン販売

  2. みずほFG,ブロックチェーン技術に本格介入

  3. ネム専用のモバイルウォレットリリース

  4. サイバー対策に本腰を入れた警視庁

  5. マイニング需要は今後も続くか、半導体大手TSMCの判断

  6. ステラのBCを利用したステーブルコイン、IBM支援

PAGE TOP

ニュース

Ripple社、オーストラリア国立大学へ1億円もの寄付

ニュース

Zaifに送金したが反映されないし返金もされない[なんでも相談室]

ニュース

0.1ETHの送金に2,100ETHもの手数料[コミュニティのためか資金洗浄のた…

ニュース

OKEx、XRPとBCH上場[NEO・QTUM・XUCは上場廃止]

ニュース

Euro Exim Bank、既にxRapidを利用した国際送金サービス提供

ニュース

昨日(2/22)のニュースまとめ

ニュース

MyEtherWallet、KYCなしに暗号通貨・法定通貨取引可能に

ニュース

みずほ、[J-coin-Pay]サービス3月から開始!!