ニュース

日本銀行とECB、分散型台帳技術の調査について公表

日本銀行と欧州中央銀行(ECB)が27日、金融市場インフラへの分散型台帳技術(DLT)の応用可能性に対する共同プロジェクトによる調査について公表した。

このほど、DLTの応用可能性に関する最近の幅広い議論に貢献することを目的とした同プロジェクト「ステラ」の第2フェーズでは、資金決済システムから証券決済システムに目を向けて、DLTの環境下で資金と証券の受渡実現方法について検討を行った。この共同調査は、技術に関する概念的な整理を行うと共に、実際に実験を行いながら進められたという。

今回の調査結果を記した報告書「分散型台帳技術によるDVP決済の実現」によると、概念的・技術的にみて、様々なデザインのもとで、DLT環境下での証券と資金の受渡が実現できることが明らかになっている。この中には、複数ネットワーク間でのアトミックな資産交換を、ネットワーク間の接続なしに行うという新たな方式も含まれており、今後異なるブロックチェーン間での資産及び情報交換ができるようになる「アトミックスワップ」が実現する可能性について言及した内容となっている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 取引所Kraken、QuadringaCXの資産発見に懸賞金

  2. ガンホー会長がICOに言及

  3. 国際送金の利便性向上に世界中の金融機関動く

  4. 世界、ブロックチェーン技術を選挙に活用

  5. シベリアにロシア最大マイニング場開設

  6. Mt.GOXの民事再生、Bitcoin価格への影響

PAGE TOP

ニュース

昨日(2/18)のニュースまとめ

コラム

ポンド円でパターントレードを理解 “仏のR特別講義”

ニュース

デジタル通貨に関する共同検証[KDDIのスマートマネー構想]

ニュース

海外FX業者の[PAMM/MAM]被害[コインの森管理人]

ニュース

ディープフェイクの脅威[偽物が存在することを把握することの重要性]

ニュース

メタップス、取引所事業から撤退[変化する法規制]

ニュース

未来投資会議での議論[送金手数料と銀行の収益構造]

ニュース

中電、情報銀行に関する実証実験へ[情報銀行業と認可]