ニュース

米仮想通貨取引所大手コインベース、イーサリアムベースの標準規格(ERC20)に対応へ

米仮想通貨取引所大手コインベースは26日、数カ月中にERC20(イーサリアムベースの標準規格)への対応を行うと発表した。ただし、現時点では同社の取引所GDAXで取り扱う通貨については明らかにしていない。

ERC20とは「Ethereum Request for Comments」の略で、イーサリアムのブロックチェーン上で新規にトークンを発行する際に採用される規格・仕様。これに基づいたトークンは、共通のプログラムで取引できるほか、独自のウォレットを作成せずにすむといった利点がある。代表的なものとしては、時価総額6位(27日15時時点)のイオス(EOS)などが挙げられる。

仮想通貨業界では、大手取引所への上場は材料視されることが多い。先日もネム(XEM)が中国の大手取引所バイナンスに上場するとして関心が向かい、一時は前日比20%超高となった。今回もGDAXに上場するとの思惑からベーシック・アテンション・トークン(BAT)などに物色が向かっている。ただ、コインベースは取扱い通貨については未定としている。同社が提唱するコインベース・インデックスの算出対象にも含まれることになるため、上場審査は慎重に行われることが予想される。思惑買いに走るのは早計ではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 北朝鮮のハッカーが大暴れ

  2. NY当局に目をつけられた暗号通貨取引所[NYはもう金融の中心地ではなく…

  3. 福利厚生をブロックチェーン上で支払い、透明性確保

  4. XRP,BTCの中央集権から抜け出す

  5. GACKT参加のカンファレンス延期

  6. ビットコインインデックスは『通貨の踏み石』?

PAGE TOP

ニュース

Ripple社、オーストラリア国立大学へ1億円もの寄付

ニュース

Zaifに送金したが反映されないし返金もされない[なんでも相談室]

ニュース

0.1ETHの送金に2,100ETHもの手数料[コミュニティのためか資金洗浄のた…

ニュース

OKEx、XRPとBCH上場[NEO・QTUM・XUCは上場廃止]

ニュース

Euro Exim Bank、既にxRapidを利用した国際送金サービス提供

ニュース

昨日(2/22)のニュースまとめ

ニュース

MyEtherWallet、KYCなしに暗号通貨・法定通貨取引可能に

ニュース

みずほ、[J-coin-Pay]サービス3月から開始!!