ニュース

米仮想通貨取引所大手コインベース、イーサリアムベースの標準規格(ERC20)に対応へ

米仮想通貨取引所大手コインベースは26日、数カ月中にERC20(イーサリアムベースの標準規格)への対応を行うと発表した。ただし、現時点では同社の取引所GDAXで取り扱う通貨については明らかにしていない。

ERC20とは「Ethereum Request for Comments」の略で、イーサリアムのブロックチェーン上で新規にトークンを発行する際に採用される規格・仕様。これに基づいたトークンは、共通のプログラムで取引できるほか、独自のウォレットを作成せずにすむといった利点がある。代表的なものとしては、時価総額6位(27日15時時点)のイオス(EOS)などが挙げられる。

仮想通貨業界では、大手取引所への上場は材料視されることが多い。先日もネム(XEM)が中国の大手取引所バイナンスに上場するとして関心が向かい、一時は前日比20%超高となった。今回もGDAXに上場するとの思惑からベーシック・アテンション・トークン(BAT)などに物色が向かっている。ただ、コインベースは取扱い通貨については未定としている。同社が提唱するコインベース・インデックスの算出対象にも含まれることになるため、上場審査は慎重に行われることが予想される。思惑買いに走るのは早計ではないだろうか。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ロックフェラー財団、暗号通貨業界へ参入

  2. QUOINEのICOは1億ドル以上の資金調達

  3. 昨日(10/3)のニュースまとめ

  4. QUOINEグループはジブラルタル証券取引所と事業提携

  5. 活発になるデータビジネス、プライバシー保護対策

  6. いまさら聞けない51%攻撃とは?

PAGE TOP

ニュース

DNP・富士通と協力しプラットフォーム提供[情報銀行・ブロックチェーン]

ニュース

銀行間送金、実態調査[フィンテック企業の現状]

ニュース

アメリカ、デジタル通貨発行の必要性[中国・欧州・日本]

ニュース

昨日(12/6)のニュースまとめ

ニュース

BUIDL、Securitizeの100%子会社に[ブロックチェーン]

ニュース

博報堂、コンテンツ配布実験[ブロックチェーン]

ニュース

Bitgate、一部サービス停止[東郷証券]

ニュース

昨日(12/5)のニュースまとめ