ニュース

オタクコイン準備委員会、ブロックチェーンに精通した専門家らが参画

アニメや漫画、ゲームなどいわゆるオタク系コンテンツ業界に特化した仮想通貨「オタクコイン」のプラットフォーム構築を目指すオタクコイン準備委員会(Tokyo Otaku Mode Inc.)は、同委員会のパートナーとして、技術・会計・法律の各領域で、仮想通貨に関する高い見識と豊富な経験を持つ専門家がアドバイザーとして参画したことを発表した。

このほど、アニメの企画やプロデュースなどの事業展開をするジェンコ代表の真木太郎氏や、アニメジャーナリストの数土直志氏がアドバイザーとして就任したほか、ICO(Initial Coin Offering)コンサルティング事業を展開するAnyPayが参画・支援を行うという。
これまで、2000万人もの海外ファンを誇るTokyo Otaku Mode Inc.が2018年夏のICO実施を目指していた同コインは、法律や会計・税務などの様々な観点から、確認や調整など、「実施に向けた検討を行っている」状態であった。

今回のブロックチェーンに精通した専門家らの参画を受けて、安全性と信頼性一層の高まりが期待されており、夏のICO実施に向けて一歩前進したといえよう。同コインはオタク系コンテンツ業界で利用可能な共通通貨となる予定であり、アニメ作品への直接的な支援のほか、アニメイベントへの参加費用や物販での支払いなどに充当されることが見込まれる。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 自主規制、レバレッジ上限4倍へ[日本]

  2. バークレイズで暗号通貨のトレーディングデスク検討

  3. ダークウェブ運営の男を逮捕、所持していた仮想通貨は約950億円相当

  4. BTCでの納税可能に[納税機関の相場下落緩和なるか]

  5. 国内取引所のミスターリップルが生まれ変わる

  6. 香港に拠点を持つBitfinexが詐欺に関与している疑いが浮上

PAGE TOP

ニュース

bitFlyerHD,100%子会社設立[ブロックチェーン事業へ]

ニュース

昨日(5/24)のニュースまとめ

ニュース

Coinbase Commerce、2種のステーブルコイン採用[USDC・DAI…

ニュース

KYCCとマネーパートナーズ業務提携[暗号通貨業界の健全化へ]

ニュース

暗号通貨ウォレットWodca,アプリリリース[暗号通貨の管理より簡単に]

ニュース

SBI,アート市場でのブロックチェーン活用[アートバーンへ追加出資]

ニュース

昨日(5/23)のニュースまとめ

ニュース

キャッシュレス決済サービス、PayPayとは[利用可能店舗]