ニュース

仮想通貨株のロングフィン株が続落、ラッセル指数から除外

仮想通貨関連株、ロングフィン株は27日の米国市場でも続落した。インデックスの構築と管理をしているFTSEラッセルは26日に声明を発表。ロングフィン社は少なくとも5%の株式公開という条件を満たせず、28日の市場終了後、ラッセル200指数、ラッセルグローバル指数、ラッセル新興指数から除外することを明らかにした。上場から2週間たらずで除外されることになった。

26日には、空売りで有名なシトロンリサーチがレポートの中で、この会社の有価証券報告書や報道発表を見ると、ほとんどが不正や詐欺だと訴え、米証券取引委員会(SEC)による対応も時間の問題だと指摘したことから同社株の売りが加速していた。

ロングフィン株は、26日に17%下落したのち、27日も売りが加速。最大38%安の38.26ドルまで下落した。ただ、昨年12月の新規株式公開(IPO)価格、5ドルに比べ依然700%高での推移となる。

ロングフィン社はフィンテック企業として昨年12月にナスダックに新規株式公開(IPO)をした。同社は、直後に、仮想通貨関連のマイクロレンディング(小口融資)を世界的に提供するジデュー・ドット・コムを買収すると発表。株価は2600%急騰した。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ステーブルコインが暗号通貨普及のカギ

  2. TwitterからMastodonへ移行

  3. Binance、技術学習サービス提供

  4. マスターカード、ブロックチェーン技術で認証

  5. 金融活動作業部会(FATF)、仮想通貨の犯罪利用に対して取り組み強化へ…

  6. 大和証券、ミャンマーでのブロックチェーン技術の促進へ

PAGE TOP

技術

トランプ政権とも関係を持つRipple

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場

ニュース

サイバー対策にAI活用[内部不正防止にも]

ニュース

GMOも日本円を担保にしたステーブルコイン開発へ[中国では]