ニュース

アメリカ郵政公社がブロックチェーン関連特許申請

買い物・コミュニケーションなど、日々の生活がネットワークに移行しているにも関わらず、利用者に安全性を提供できていない現状を解決するシステムがアメリカ郵政公社によって開発された。

「ブロックチェーン・コンポネント」と名付けられたそれは、ブロックチェーン技術を利用し頑強なセキュリティで利用者の安全を確保しつつ、ユーザー情報を承認することが可能となっている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

関連記事

  1. UBSとサンタンデール銀行、ブロックチェーンについて協議

  2. コインチェック問題の記事まとめ

  3. タイ、暗号通貨課税の再検討を求める声

  4. リップル、大学の暗号通貨関連教育支援

  5. クラーケン6月にサービス終了

  6. 昨日(7/19)のニュースまとめ

PAGE TOP

技術

トランプ政権とも関係を持つRipple

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場

ニュース

サイバー対策にAI活用[内部不正防止にも]

ニュース

GMOも日本円を担保にしたステーブルコイン開発へ[中国では]