ニュース

ツイッター、ICOなどの広告禁止へ、BTCは8000ドル割れ

TwitterInc、ツイッターは26日、フェイスブック、グーグルに続き、イニシャルコインオファリング(ICO)やトークンセールスに関する同ソーシャルメディアのプラットフォームにおける広告を全世界で禁止すると発表した。投資家を詐欺などから保護する目的だとした。

この二ュースを嫌気し、仮想通貨ビットコインは売りが加速。7%下落し8000ドルを割り込んだ。米国東部時間午後2時現在、CBOEビットコイン先物(4月限)は7900ドル、CMEビットコイン先物(4月限)は7875ドルでそれぞれ推移した。

ソーシャルメディアネットワークの広告禁止による直接的な影響は限定的と見られているものの、仮想通貨投資家の熱が冷めるのは確実と見られている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ナスダック、仮想通貨関連商品に前向き

  2. 日本もデジタル通貨発行を検討

  3. データの身代金要求、暗号通貨で

  4. 米イーストマン・コダック、コダックコインのホワイトペーパーを公開

  5. 中国の規制は正しかったのか

  6. 取引所にあるスプレッドとは?[初心者向け]

PAGE TOP

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響