ニュース

ロングフィン株急落22%安、空売りのシトロンリサーチが「詐欺」と訴え

フィンテック企業ロングフィン株は26日の米国市場で、最大22%下落した。

シトロンリサーチはレポートで、この会社の有価証券報告書や報道発表を見ると、ほとんどが不正や詐欺だと訴え、米証券取引委員会(SEC)による対応も時間の問題だと指摘した。Longfinは3月22日にラッセル2000指数、ラッセル3000指数に加えられたばかり。シトロン・リサーチは主に空売りを得意としているアンドルー・レフト氏が率いている。

ロングフィン社はフィンテック企業として昨年12月にナスダックに新規株式公開(IPO)を果たしたばかり。直後に仮想通貨関連に転じ、マイクロレンディング(小口融資)を世界的に提供するジデュー・ドット・コムを買収すると発表すると、株価が2600%急騰したことでも有名。

シトロンリサーチのレポートに対して、ロングフィン投資家のひとり、ドラゴンゲートインベストメントパートナーズのZhu氏は、詐欺ではないと主張。

昨年から、仮想通貨ブームに乗り、破綻寸前の企業が仮想通貨関連企業に転じ、株価を吊り上げるというケースが多く見られた。不採算の飲料会社だったロングアイランド・アイスト・ティーは昨年12月、社名を「ロング・ブロックチェーン」に変更。株価は238%上昇した。仮想通貨ビットコインの年初来1600%前後の値上がりを巡る熱狂の恩恵を受ける企業のひとつとなったが、米ナスダックは、ロング・ブロックチェーンが投資家に誤解を招かせた可能性があると、上場廃止の決定を下した。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 国内取引所Coincheck、Androidアプリをリリース

  2. ビットメイン、BTCのハッシュレート42%も占める

  3. 【PR記事】MINDOL、2度目のTOB実施中

  4. 米下院、仮想通貨とICOに関する公聴会を開催へ

  5. 全面安をどう見る?ゴールドマンサックスの見解

  6. マスターカード、ブロックチェーン技術で認証

PAGE TOP

ニュース

第7回の研究会、取引規制が焦点

質問コーナー

RPGcoinとは?[質問コーナー]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

ステーブルコイン、取引所に続々上場

ニュース

xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

ニュース

本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]