ニュース

Cboe、SECにビットコインETFの速やかな販売承認を促す

Cboe(Chicao Board Options Exchange) は米証券取引委員会(SEC)宛ての23日付書簡の中で、SECが指摘している多くの懸念、評価方法、流動性、人為的操作、保管、裁定取引に関する懸念は、現存する商品関連のファンドの骨組みで対処可能だと指摘した。

Cboeは、ETFが投資家に一段の透明性を与え、仮想通貨のエクスポージャー保有をより可能にすると信じていると主張した。

12月にビットコイン価格が19000ドル以上に達した際、想定元本700ドル規模以上スポット市場で取引された。Cboeはこのような流動性があればビットコインETF、または他のETPを容易に支持することが可能だと指摘。特に規制されている米国市場での出来高の拡大は、より伝統的な商品市場に近い。

このため、Cboeは引き続きスポット市場にはビットコインETPを支持するに十分な流動性が確保されていると信じているとの考えを示し、SECに速やかな仮想通貨ETFの承認を促した。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 木更津市で全国初の地域独自電子通貨発行

  2. 仮想通貨活用の危険性

  3. 中国中銀、履歴追跡可能なウォレット特許申請

  4. デジタルガレージ子会社、日本初のビットコイン決済を開始

  5. 盗難されたマイニング機器、中国にて発見か

  6. カナダでICOトークンが証券の定義に該当すると発表

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?

ニュース

昨日(7/17)のニュースまとめ

ニュース

NEMのBC技術活用した投げ銭サービス!!

ニュース

世界最大手BlackRockが参入検討か