ニュース

ブロックチェーンでの犯罪はノード参加者をどんな立場にするのか

BTCのブロックチェーン利用者は情報・ファイルの保存や送信ができるが、何者かがその機能を利用しほぼすべての国で違法とされている内容を保存していることが分かった。

しかしこの場合、ノード参加者は同じ情報を所有していたことになるが、彼らも同様に犯罪者になってしまうのだろうか。 この問題についてBTC開発者トッド氏が 「データの閲覧については、どのデータも同様だが難解な解読キーが必要となる為簡単に閲覧できる仕組みにはなっていない。

更に今回の違法データは隠されていたため、まずその存在に気付くことも難しいだろう。そして改竄不可というのがブロックチェーンの核であるため、違法データの抜き取りは不可能だが、違法データの保存をもっと難しくする方法はある」と述べた。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

関連記事

  1. ECBがビットコインを突き放す

  2. 止められた水の逃げ先に。中国のビットコイン事情の今

  3. サクソバンクが予想する、ビットコイン2000ドル時代

  4. エアドロップに規制か

  5. ブロックチェーン技術、食品にも適用へ

  6. ブロックチェーンで町おこし、富士市

PAGE TOP

技術

トランプ政権とも関係を持つRipple

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場

ニュース

サイバー対策にAI活用[内部不正防止にも]

ニュース

GMOも日本円を担保にしたステーブルコイン開発へ[中国では]