ニュース

ブロックチェーンでの犯罪はノード参加者をどんな立場にするのか

BTCのブロックチェーン利用者は情報・ファイルの保存や送信ができるが、何者かがその機能を利用しほぼすべての国で違法とされている内容を保存していることが分かった。

しかしこの場合、ノード参加者は同じ情報を所有していたことになるが、彼らも同様に犯罪者になってしまうのだろうか。 この問題についてBTC開発者トッド氏が 「データの閲覧については、どのデータも同様だが難解な解読キーが必要となる為簡単に閲覧できる仕組みにはなっていない。

更に今回の違法データは隠されていたため、まずその存在に気付くことも難しいだろう。そして改竄不可というのがブロックチェーンの核であるため、違法データの抜き取りは不可能だが、違法データの保存をもっと難しくする方法はある」と述べた。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

関連記事

  1. フランスは「仮想通貨デリバティブ取引」と「ネット広告」を規制へ

  2. GMO子会社が「仮想通貨FX」開始24日から

  3. 不穏な動きみせるZaifに対する金融庁の動き

  4. ビットコイン高騰続く。17万円台後半へ

  5. 野村證券、ブロックチェーンの研究開始

  6. XRP,ブリッジ通貨としての準備着実に[インドネシア・トルコ等の取引所…

PAGE TOP

ニュース

金融庁、送金業務特化の新たな区分[フィンテック促進へ]

ニュース

Ginco、日本マイクロソフトと提携‼[ブロックチェーン開発促進]

ニュース

Bitmain、最新ASICチップ発表[電気効率28%も上昇]

ニュース

リクルート、ブロックチェーン企業へ出資[新たな匿名化技術]

ニュース

昨日(2/18)のニュースまとめ

ニュース

クリプトリンク、税理士検索サービスをリリース

ニュース

みずほ情報総研、ブロックチェーン活用プラットフォームの実証実験

ニュース

みんなのビットコイン、サービススケジュール[楽天での暗号通貨決済]