ニュース

ブロックチェーンでの犯罪はノード参加者をどんな立場にするのか

BTCのブロックチェーン利用者は情報・ファイルの保存や送信ができるが、何者かがその機能を利用しほぼすべての国で違法とされている内容を保存していることが分かった。

しかしこの場合、ノード参加者は同じ情報を所有していたことになるが、彼らも同様に犯罪者になってしまうのだろうか。 この問題についてBTC開発者トッド氏が 「データの閲覧については、どのデータも同様だが難解な解読キーが必要となる為簡単に閲覧できる仕組みにはなっていない。

更に今回の違法データは隠されていたため、まずその存在に気付くことも難しいだろう。そして改竄不可というのがブロックチェーンの核であるため、違法データの抜き取りは不可能だが、違法データの保存をもっと難しくする方法はある」と述べた。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

関連記事

  1. Bittrexが一部の仮想通貨を米ドルで取引可能へ

  2. オランダ銀行、通貨開発を検討

  3. 銀行事業者となったitBitの目論見とは?

  4. ロシアはICO規制を緩和へ、所得税控除も?

  5. BTCライトニング・ネットワーク、β版がリリースへ

  6. テレグラムはプレセール参加者を選別

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

取引所に続きNewfoundもマルタへ

ニュース

ETHを証券として扱う検討に反発

ニュース

豚の貯金箱ではなくスマート貯金箱

ニュース

タイ、暗号通貨課税の再検討を求める声

ニュース

クリプトジャッキングがサイバー犯罪として有力に

ニュース

IBMら大手銀行参加計画で試験取引実施

ニュース

マイニング需要は今後も続くか、半導体大手TSMCの判断

ニュース

暗号通貨取引所のCEOが市長選挙へ立候補