ニュース

ブロックチェーンでの犯罪はノード参加者をどんな立場にするのか

BTCのブロックチェーン利用者は情報・ファイルの保存や送信ができるが、何者かがその機能を利用しほぼすべての国で違法とされている内容を保存していることが分かった。

しかしこの場合、ノード参加者は同じ情報を所有していたことになるが、彼らも同様に犯罪者になってしまうのだろうか。 この問題についてBTC開発者トッド氏が 「データの閲覧については、どのデータも同様だが難解な解読キーが必要となる為簡単に閲覧できる仕組みにはなっていない。

更に今回の違法データは隠されていたため、まずその存在に気付くことも難しいだろう。そして改竄不可というのがブロックチェーンの核であるため、違法データの抜き取りは不可能だが、違法データの保存をもっと難しくする方法はある」と述べた。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

関連記事

  1. 仮想通貨界で話題のAugur、クラウドセールが好調

  2. 中国のマイニング禁止について

  3. FX規制強化で暗号通貨へ投資家は流れるか

  4. テックビューロの本店がシェアオフィスだとメディアが批判、朝山代表反論

  5. SNSで仮想通貨を稼ぐ夢のアプリ

  6. クラーケン6月にサービス終了

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?

ニュース

昨日(7/17)のニュースまとめ

ニュース

NEMのBC技術活用した投げ銭サービス!!

ニュース

世界最大手BlackRockが参入検討か