ニュース

仮想通貨の割安・割高ランキング【フィスコ・アルトコインニュース】

3月23日7時30分時点における時価総額上位100通貨のデータをを抽出。同データをもとに、ビットコインをベースとして、流動性の観点から相対的に割安・割高と判断できる通貨をランキング化したコンテンツです。

■流動性の観点から【割高】と判断できる通貨

1位:リップル(XRP)           +96.11%
2位:イーサリアム(ETH)         +82.28%
3位:ビットコインキャッシュ(BCH)  +74.79%
4位:ステラ(XLM)             +69.66%
5位:アイオタ(MIOTA)          +58.41%

□流動性の観点から【割安】と判断できる通貨

1位:テザー(USDT)           -112.88%
2位:イオス(EOS)             -29.33%
3位:クアンタム(QTUM)         -88.03%
4位:イーサリアムクラシック(ETC) -216.15%
5位:トロン(TRX)            -280.44%

※表記は通貨コード(略称)となっています、あらかじめご了承ください。なお、ランキングについては、フィスコ算出の適正時価総額に対する時価総額(データ取得時)の差額が大きい順となっています。「%」表記については、フィスコ算出のフェアバリュー(適正時価総額)に対する乖離率となります。

関連記事

  1. 東京大学大学院の実証実験にブロックチェーンが利用される

  2. ジンバブエ、暗号通貨禁止措置

  3. 【独自通貨ブーム‼】マーシャル諸島も独自仮想通貨「ソブリン」発行を計画…

  4. アーセナルがゲーム会社とICOの宣伝

  5. 銀行で初、リップルを利用した国際送金開始

  6. ビットコインの単位の変更に追い風

PAGE TOP

ニュース

世界統一基準での規制、いよいよか

ニュース

第7回の研究会、取引規制が焦点

質問コーナー

RPGcoinとは?[質問コーナー]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

ステーブルコイン、取引所に続々上場

ニュース

xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

ニュース

本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ