ニュース

仮想通貨の割安・割高ランキング【フィスコ・アルトコインニュース】

3月23日7時30分時点における時価総額上位100通貨のデータをを抽出。同データをもとに、ビットコインをベースとして、流動性の観点から相対的に割安・割高と判断できる通貨をランキング化したコンテンツです。

■流動性の観点から【割高】と判断できる通貨

1位:リップル(XRP)           +96.11%
2位:イーサリアム(ETH)         +82.28%
3位:ビットコインキャッシュ(BCH)  +74.79%
4位:ステラ(XLM)             +69.66%
5位:アイオタ(MIOTA)          +58.41%

□流動性の観点から【割安】と判断できる通貨

1位:テザー(USDT)           -112.88%
2位:イオス(EOS)             -29.33%
3位:クアンタム(QTUM)         -88.03%
4位:イーサリアムクラシック(ETC) -216.15%
5位:トロン(TRX)            -280.44%

※表記は通貨コード(略称)となっています、あらかじめご了承ください。なお、ランキングについては、フィスコ算出の適正時価総額に対する時価総額(データ取得時)の差額が大きい順となっています。「%」表記については、フィスコ算出のフェアバリュー(適正時価総額)に対する乖離率となります。

関連記事

  1. 橋下徹氏、「今ビットコイン買いに行ってる人はド阿呆」

  2. マン・グループ仮想通貨参入

  3. 東欧のベラルーシは仮想通貨を非課税?

  4. グーグルのダブルクリック広告サービスで不正マイニング

  5. BTC取引のシェア、90%から1%へ減少

  6. Bittrexが一部の仮想通貨を米ドルで取引可能へ

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?

ニュース

昨日(7/17)のニュースまとめ

ニュース

NEMのBC技術活用した投げ銭サービス!!

ニュース

世界最大手BlackRockが参入検討か