ニュース

ヤフーが仮想通貨ビジネスに参戦

ヤフー<4689>が、仮想通貨交換業者として金融庁に登録している仮想通貨取引所、ビットアルゴ取引所東京と資本提携を行うことが明らかとなった。ヤフーの子会社でFX取引業者であるワイジェイFXが4月にビットアルゴ取引所東京の株式のうち40%を取得し、2019年に追加出資することも検討するとのことで、金融庁にも連絡しているという。

ヤフーは今後システムや管理体制などを整備した上で、来年以降に本格的に仮想通貨交換業を開始する構えであるようだ。

日本では、すでに

LINE<3938>
SBIホールディングス<8473>
マネックスグループ<8698>
マネーパートナーズグループ<8732>
サイバーエージェント<4751>
セレス<3696>
GMOフィナンシャルホールディングス<7177>
フィスコ<3807>
リミックスポイント<3825>

 

などが仮想通貨取引所などの事業にすでに参入、もしくは参入の意思を表明している状態である。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. アメリカ規制当局「暗号通貨は危険だ」

  2. 政治プラットフォーム、ネムブロックチェーン企業と提携

  3. 中国企業、中国政府の規制を切り抜け成長

  4. 国内取引所Coincheck、Androidアプリをリリース

  5. 第3回研究会、ウォレットに関して

  6. 豪政府、ビットコイン規制の影響を検討

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

ポルノ閲覧で詐欺

ニュース

自分の資産、保護のために

ニュース

昨日(7/16)のニュースまとめ

ニュース

Bithumb、日本市場進出予定!

ニュース

国税庁、確定申告促す環境整備

ニュース

議員の差別発言、なかったことに?[発言まとめ]

ニュース

ブロックチェーン技術導入検討[タイ中銀]

ニュース

カウンターパーティーリスクとは?