ニュース

韓国当局、仮想通貨取引を提供する銀行への検査を実施か

韓国メディアの聯合ニュースは21日、韓国金融情報分析院と韓国金融委員会(FSC)が4月から仮想通貨取引口座を提供する銀行への検査を開始すると報じた。韓国では1月30日から仮想通貨による資金洗浄防止を規定したガイドラインにのっとり、実名取引を義務付けている。

今回の検査ではガイドラインの履行状況や不正の温床とされる法人口座の確認が行われる予定で、今後も定期的に実施される見通し。

19、20日に開催された20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では、7月に各国から規制勧告案を準備するとしており、韓国のこうした方針が国際基準となる可能性もある。一方で、G20構成国であるブラジルなどは仮想通貨の規制について消極的な姿勢を示しており、国際基準に従わない可能性もあるようだ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. ETHの人気ゲームが資金調達に成功

  2. ゴールドマンサックスの見解

  3. IMF「暗号通貨は無視できない存在になってきている」

  4. ライトコイン(LTC)とは

  5. ドイツの銀行で初の暗号通貨取引

  6. 国債返済に仮想通貨利用

PAGE TOP

ニュース

第7回の研究会、取引規制が焦点

質問コーナー

RPGcoinとは?[質問コーナー]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

ステーブルコイン、取引所に続々上場

ニュース

xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

ニュース

本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]