ニュース

BitMEXによる、テザーの最新調査

3月19日、香港に拠点を構える仮想通貨取引所ビットメックス(BitMEX)が、先月に続いて仮想通貨テザー(Tether)に関するより新しい調査結果を発表した。

この調査報告によれば、プエルトリコのノーブルインターナショナルバンクとテザー社が取引関係を結んでいる可能性が浮上したという。

2017年のプエルトリコにおける金融機関の財務レポートによると、ノーブルインターナショナルバンクを含む国際金融機関部門の銀行預金は、2017年12月期に33億ドル(約3500億円)となっており、248%という驚くべき増加率を見せている。また当該カテゴリーにおける四半期の総資産も161%増の38億ドル(約4000億円)となっている。

この国際金融機関部門の銀行は2つしかなく、1つはほぼ動いていない状態のようで、上記の上昇率はノーブルインターナショナルバンクによるものと推察される。同時期、テザーの時価総額も215%アップし14億ドル(約1500億円)となっている。

このことからビットメックスは、「プエルトリコのノーブルインターナショナルバンクがテザー社のリザーブ(資金準備・積立)銀行であると推測できる」と結論付けている。

このノーブルインターナショナルバンクは、FX業界およびOTC業界に進出した際同銀行についてこう説明している。

「プエルトリコの米領土に拠点を置く州憲章に基づく銀行は、米国連邦法の下で規制されるものであり、ノーブルインターナショナルバンクは非小口準備銀行です。これは、ノーブルインターナショナルバンクが顧客の資産を貸したり、再担保しないことを意味しており、資産はノーブルインターナショナルバンクのグローバル・カストディアン(投資家に代わって複数国の株式や債券などの有価証券の保管・管理を行う金融機関)であるバンク・オブ・ニューヨーク・メロンで保持されている顧客名と保有されている顧客名と破産者の名義で法的に分離されています」

同銀行の対応がテザーにも適用されているということならば、テザーの保有するドルは米国規制当局が直接チェックすることができるということになる。

今もってテザー発行の裏付けとなる米ドルの保持への疑念が払拭できないテザーだが、22日にはさらに3億ドル相当のテザーを発行したことが報道されており、SNS上などではこうした対応に批判の声が上がっている。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!ログイン時の二段階認証の徹底、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. DMM.BitcoinでBTC・ETHの出金手数料無料

  2. ノースカロライナ州、欧PMPに証券売却停止命令

  3. Huobi、国内登録済み業者買収、市場への影響は

  4. ICOで1,820億円もの詐欺

  5. ビットコイン、インドで高騰中

  6. ロシア、「デジタル署名」の地位が確立し芸術分野で大きく躍進するか

PAGE TOP

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ

ニュース

Microsoft、分散型IDの開発を発表[個人情報も自分で守る環境へ]

ニュース

制裁回避手段としての利用準備を進めるイランと監視強化を行うアメリカ

ニュース

ビッグデータの活用、分散型への歩み

ニュース

昨日(10/16)のニュースまとめ

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]