ニュース

コインベースがイギリスで「電子マネー」の認可取得

アメリカの大手、仮想通貨取引所コインベースはイギリスの金融行為監督機構(FCA)に「電子マネーの発行をするための認可」を申請して、取得した。

今回の認可は「仮想通貨」は適応されていなく、あくまで法定通貨に限るようだが。送金ネットワークが今後の仮想通貨における市場獲得にも影響していくと考えているだろう。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!BITPOINTはログイン時の二段階認証の徹底、ホットウォレット等の施策では自社の独自アルゴリズムに基づき管理しているとして、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。当然二段階認証を必須としており、業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 仕込み買いする暗号通貨の選び方 Part2

  2. ビットポイントが韓国で現物取引仲介

  3. IBM、ステラ(Stellar/XLM)活用決済システム発表

  4. ロシア政府のブロックチェーンプロジェクト

  5. 中央銀行による暗号通貨発行検討[タイ]

  6. ICOの必要性

PAGE TOP

ニュース

XRPの注目高まる[Liquidのレバレッジ取引に追加]

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ

ニュース

Microsoft、分散型IDの開発を発表[個人情報も自分で守る環境へ]

ニュース

制裁回避手段としての利用準備を進めるイランと監視強化を行うアメリカ

ニュース

ビッグデータの活用、分散型への歩み

ニュース

昨日(10/16)のニュースまとめ

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ