ニュース

新たなパートナーシップ「アメリカのビットペイと韓国のビッサム」

アメリカのビットペイは、韓国の大手取引所であるびっさむとパートナーシップを組み、国際送金市場に参入していくと明らかにした。

今後、アメリカと韓国間の送金に関するシェアを取っていけば『2千億ドルの市場』となると見込んでいるようだ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!BITPOINTはログイン時の二段階認証の徹底、ホットウォレット等の施策では自社の独自アルゴリズムに基づき管理しているとして、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。当然二段階認証を必須としており、業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. Apple社の規制に何故批判が集まらないのか

  2. 国際送金戦争勃発、国内メガバンクも相次ぎ参戦

  3. ブラウザソフトのオペラ不正マイニング防止へ

  4. ジェネシスブロックとは[初心者向け]

  5. BTC既に8割採掘済み

  6. ゲームの次は抽象画で仮想通貨が手に入る?!

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?

ニュース

昨日(7/17)のニュースまとめ

ニュース

NEMのBC技術活用した投げ銭サービス!!

ニュース

世界最大手BlackRockが参入検討か