ニュース

新たなパートナーシップ「アメリカのビットペイと韓国のビッサム」

アメリカのビットペイは、韓国の大手取引所であるびっさむとパートナーシップを組み、国際送金市場に参入していくと明らかにした。

今後、アメリカと韓国間の送金に関するシェアを取っていけば『2千億ドルの市場』となると見込んでいるようだ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!BITPOINTはログイン時の二段階認証の徹底、ホットウォレット等の施策では自社の独自アルゴリズムに基づき管理しているとして、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。当然二段階認証を必須としており、業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. SEC、クレイトン委員長、金融規制当局の協調を要請

  2. 印仮想通貨取引所でビットコインが流出、横領行為との声も

  3. 暗号通貨交換業者に新たな業務停止命令

  4. 仮想通貨の促進広告に関し「グーグル」すでに対応との回答

  5. 「なくなってしまった」BTCの行方は

  6. デジタルカレンシーグループが銀行に巨額投資

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

取引所に続きNewfoundもマルタへ

ニュース

ETHを証券として扱う検討に反発

ニュース

豚の貯金箱ではなくスマート貯金箱

ニュース

タイ、暗号通貨課税の再検討を求める声

ニュース

クリプトジャッキングがサイバー犯罪として有力に

ニュース

IBMら大手銀行参加計画で試験取引実施

ニュース

マイニング需要は今後も続くか、半導体大手TSMCの判断

ニュース

暗号通貨取引所のCEOが市長選挙へ立候補