ニュース

新たなパートナーシップ「アメリカのビットペイと韓国のビッサム」

アメリカのビットペイは、韓国の大手取引所であるびっさむとパートナーシップを組み、国際送金市場に参入していくと明らかにした。

今後、アメリカと韓国間の送金に関するシェアを取っていけば『2千億ドルの市場』となると見込んでいるようだ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!BITPOINTはログイン時の二段階認証の徹底、ホットウォレット等の施策では自社の独自アルゴリズムに基づき管理しているとして、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。当然二段階認証を必須としており、業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. スマホ決済PayPay、今秋開始

  2. 指定暴力団、暗号通貨で資金洗浄

  3. 揺れるインドの声明[政府の公式見解近く明らかに]

  4. ビットコイン強盗未遂で少年逮捕

  5. 大きく変わる投資環境 [セキュリティトークンが主流となる日は近い]

  6. Mt.GOX事件、警視庁が一年かけてデータ解析

PAGE TOP

ニュース

金融庁、送金業務特化の新たな区分[フィンテック促進へ]

ニュース

Ginco、日本マイクロソフトと提携‼[ブロックチェーン開発促進]

ニュース

Bitmain、最新ASICチップ発表[電気効率28%も上昇]

ニュース

リクルート、ブロックチェーン企業へ出資[新たな匿名化技術]

ニュース

昨日(2/18)のニュースまとめ

ニュース

クリプトリンク、税理士検索サービスをリリース

ニュース

みずほ情報総研、ブロックチェーン活用プラットフォームの実証実験

ニュース

みんなのビットコイン、サービススケジュール[楽天での暗号通貨決済]