ニュース

フィリピンでは「仮想通貨関連犯罪」を厳罰化へ

フィリピンの上院議員に仮想通貨関連の犯罪に対して、操作の難易度を加味したことで、より厳罰化を求める法案が提出された。

実際にコインチェックのNEM流出に関する犯人の追跡をNEM財団が諦めたことで、犯人の完全勝利が濃厚となっているように、追跡も大変なことから既存の法律で厳罰化することがせめてもの抑止力という事だ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!BITPOINTはログイン時の二段階認証の徹底、ホットウォレット等の施策では自社の独自アルゴリズムに基づき管理しているとして、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。当然二段階認証を必須としており、業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. FinTechが貧困を救う。発展途上国への普及にゲイツ財団が一役。

  2. スペイン、暗号通貨関連業者へ情報開示請求

  3. XRP系ICO開始か

  4. EU全域対象の仮想通貨規制

  5. リップルがアメリカ大手取引所へ上場手数料で提示

  6. ビルゲイツの財団がRippleを採用

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

取引所に続きNewfoundもマルタへ

ニュース

ETHを証券として扱う検討に反発

ニュース

豚の貯金箱ではなくスマート貯金箱

ニュース

タイ、暗号通貨課税の再検討を求める声

ニュース

クリプトジャッキングがサイバー犯罪として有力に

ニュース

IBMら大手銀行参加計画で試験取引実施

ニュース

マイニング需要は今後も続くか、半導体大手TSMCの判断

ニュース

暗号通貨取引所のCEOが市長選挙へ立候補