ニュース

フィリピンでは「仮想通貨関連犯罪」を厳罰化へ

フィリピンの上院議員に仮想通貨関連の犯罪に対して、操作の難易度を加味したことで、より厳罰化を求める法案が提出された。

実際にコインチェックのNEM流出に関する犯人の追跡をNEM財団が諦めたことで、犯人の完全勝利が濃厚となっているように、追跡も大変なことから既存の法律で厳罰化することがせめてもの抑止力という事だ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!BITPOINTはログイン時の二段階認証の徹底、ホットウォレット等の施策では自社の独自アルゴリズムに基づき管理しているとして、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。当然二段階認証を必須としており、業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. DAOがハッキングされ、イーサリアムの価値が暴落。

  2. DMM Bitcoin、生体認証対応[声・顔・指紋]

  3. GACKTコイン、事務局のずさんな現状

  4. 【3億円分強奪】仮想通貨の開発者襲われ、怪しい薬物を飲まされる

  5. コインチェック、ネムの補償開始

  6. ビットコインで市民権購入可能に!?

PAGE TOP

ニュース

第7回の研究会、取引規制が焦点

質問コーナー

RPGcoinとは?[質問コーナー]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

ステーブルコイン、取引所に続々上場

ニュース

xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

ニュース

本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]