ニュース

G20、2018年7月までに仮想通貨規制案提示で合意

アルゼンチン、ブエノスアイレスで19日から20日まで2日間にわたり開催されていた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の声明で、G20指導者らは、2018年7月までに各国ごとにまとめた仮想通貨の規制案を提示することで合意した。

声明では、仮想資産はソブリン通貨の特性に欠如しているが、金融安定に影響を与えた可能性があると指摘。金融活動作業部会(FATF)の基準を仮想資産に適用させ、基準を見直し、国際的な基準機関で仮想資産やそのリスクの監督を継続。必要とあれば多国間の対応を見直すとした。

一部報道によると、全ての諸国がこのアプローチに合意したわけではないようだ。
ブラジル中銀のゴールドファイン総裁はブラジルで、仮想通貨が規制されることはないと主張したという。

具体的な対応に踏み込まなかったのは、仮想通貨におる金融システムへの影響が今のところ限定的だの見方が根底にあるようだ。金融安定(化)理事会(FSB)の議長で英国中央銀行のカーニー総裁がG20宛に送付した書簡にもとづき、G20の指導者らは「現状で、仮想通貨が世界金融安定リスクを生むことはない」との結論にいたったようだ。

仮想通貨市場では、当面、買い材料となりそうだ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!BITPOINTはログイン時の二段階認証の徹底、ホットウォレット等の施策では自社の独自アルゴリズムに基づき管理しているとして、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。当然二段階認証を必須としており、業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. フランスはICOを推進か

  2. ビットコイン取引所「Zaif」、1日当たり取引高20億円突破

  3. 中国大手Huaweiがブロックチェーン技術を活用し保険サービスへ

  4. なぜ?コインチェックが認可されない理由とは!!

  5. XRP,BTCの中央集権から抜け出す

  6. ドバイでは不動産契約にブロックチェーンを

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨の慈善活動と政治活動での扱いの差

ニュース

昨日(9/25)のニュースまとめ

ニュース

「情報銀行」への日本企業・団体・政府の動き

ニュース

知らないうちにXRPを利用する環境へ

ニュース

SBI VC、12月に暗号通貨の入出金受付、ETHの取り扱い開始へ

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]