ニュース

グーグル、独自のブロックチェーン関連のテクノロジー開発へ

アメリカの多国籍テクノロジー企業のグーグルは、独自のブロックチェーン関連のテクノロジー開発に取り組んでいると報じられた。グーグルは、分散台帳を開発しているという。クラウドサービスを分化させることを目指すと、関係者が明らかにした。

グーグルは分散台帳を使用し、インターネットを通じた取引記録や他のデータプロセスを安全におこなう。

テクノロジーの大手、IBMやマイクロソフトは、ブロックチェーン関連のツールをすでに提供するなど、変革をリードしている。アマゾンはブロックチェーンアプリケーションを設立した会社を支援、ソーシャルネットワーク(SNS)を運営するフェースブックのザッカーバーグCEOは仮想通貨、暗号化、また、他の分散化コンピューターアプローチを検討している。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!BITPOINTはログイン時の二段階認証の徹底、ホットウォレット等の施策では自社の独自アルゴリズムに基づき管理しているとして、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。当然二段階認証を必須としており、業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. 分散型取引所とは?[初心者向け]

  2. マスターカードでブロックチェーン技術者募集

  3. Zaif、フィスコへ事業譲渡決定[必要資金は新株発行で調達]

  4. 【速報】熊本電力がマイニング参戦!

  5. Bainance、素早い対応

  6. モナコインへの攻撃について

PAGE TOP

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ

ニュース

Microsoft、分散型IDの開発を発表[個人情報も自分で守る環境へ]

ニュース

制裁回避手段としての利用準備を進めるイランと監視強化を行うアメリカ

ニュース

ビッグデータの活用、分散型への歩み

ニュース

昨日(10/16)のニュースまとめ

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]