ニュース

米国家安全保障局、2013年からBTCユーザー監視

米国国防総省の諜報機関であるNSA(米国家安全保障局)は世界的にビットコインのユーザーを監視していたことが、リークされたエドワードスノーデン関連の機密文書で明らかになった。2013年3月以降の報告となる。主な目的は、テロ対策。

NSAは、マネーロンダリングの目的で匿名が許されるビットコインを利用しているグループを主に監視していたようだ。

NSAはビットコインユーザーのコンピューターシステムにもアクセスし、パスワード、メディアアクセスなどの情報も収集していた模様。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!BITPOINTはログイン時の二段階認証の徹底、ホットウォレット等の施策では自社の独自アルゴリズムに基づき管理しているとして、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

◆ Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinexは100%コールドウォレット管理を徹底しており、サーバーもプライベートサーバーを使用。当然二段階認証を必須としており、業界で問題が多発しているAPIによる出金も禁止しているのは安心材料だ。

関連記事

  1. モルガン・スタンレーCEOの見解

  2. テレグラムはプレセール参加者を選別

  3. ムニューシン米財務長官、仮想通貨にかかわるビジネスに監視必要

  4. 昨日(7/24)のニュースまとめ

  5. 補償金は非課税対象・課税対象?

  6. 韓国で暗号通貨取引所と提携する銀行3行の検査

PAGE TOP

ニュース

第7回の研究会、取引規制が焦点

質問コーナー

RPGcoinとは?[質問コーナー]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

ステーブルコイン、取引所に続々上場

ニュース

xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

ニュース

本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]