ニュース

ロシア、ベネズエラの仮想通貨「ペドロ」発行を支援か

ロシアの政府高官や資産家がベネズエラ政府による仮想通貨発行を支援したと、タイムマガジンは20日、報じた。ベネズエラ政府による「ペトロ」発行は、政府発行の仮想通貨としては世界初となった。

関係者によるとロシアの数人の資産家がベネズエラのマドゥロ大統領に仮想通貨「ペトロ」の発行をアドバイスしたという。さらに、タイムマガガジンは、プーチン大統領の後押しを受けたロシア政府高官も「ペトロ」の開発を手伝ったと報じている。「ペトロ」は実際、ベネズエラとロシア高官や資産家の非公式な合弁事業だとしている。

これに対し、ロシア財務省は「財務省当局でペトロの創設に携わったものはいない」と、この報道を否定。一方、ベネズエラ政府は黙秘しているという。

トランプ米大統領は19日、ベネズエラ、またはベネズエラにかわって発行された仮想通貨、ディジタルコイン、ディジタルトークン関連のいかなる取引も米国内で禁止する大統領令を出した。同時に対ベネズエラ追加制裁を発表。

マドゥロ大統領は、「トランプ大統領がペトロの力を恐れている証拠だ」と述べ、「我々南米諸国は正しい軌道上にある」と強気の姿勢を表明した。ベネズエラが米国の制裁を逃れ、マネーロンダリングを継続させるために「ペトロ」を創設したとの見方も少なくなく、トランプ大統領の措置を歓迎する意見も少なくない。

⇒「セキュリティから取引所を選ぶ」を読む

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!BITPOINTはログイン時の二段階認証の徹底、ホットウォレット等の施策では自社の独自アルゴリズムに基づき管理しているとして、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

関連記事

  1. マレーシア、暗号通貨規制導入

  2. ビットコインが過去最高値を更新

  3. 中国、中央集権型の仮想通貨開発

  4. 取引所について知っておきたいこと

  5. FTC、暗号通貨詐欺に関するイベント開催

  6. 仮想通貨ブーム鎮静化の兆しなし、米有名大が新講座開設へ

PAGE TOP

ニュース

金融庁、送金業務特化の新たな区分[フィンテック促進へ]

ニュース

Ginco、日本マイクロソフトと提携‼[ブロックチェーン開発促進]

ニュース

Bitmain、最新ASICチップ発表[電気効率28%も上昇]

ニュース

リクルート、ブロックチェーン企業へ出資[新たな匿名化技術]

ニュース

昨日(2/18)のニュースまとめ

ニュース

クリプトリンク、税理士検索サービスをリリース

ニュース

みずほ情報総研、ブロックチェーン活用プラットフォームの実証実験

ニュース

みんなのビットコイン、サービススケジュール[楽天での暗号通貨決済]