ニュース

ロシア、ベネズエラの仮想通貨「ペドロ」発行を支援か

ロシアの政府高官や資産家がベネズエラ政府による仮想通貨発行を支援したと、タイムマガジンは20日、報じた。ベネズエラ政府による「ペトロ」発行は、政府発行の仮想通貨としては世界初となった。

関係者によるとロシアの数人の資産家がベネズエラのマドゥロ大統領に仮想通貨「ペトロ」の発行をアドバイスしたという。さらに、タイムマガガジンは、プーチン大統領の後押しを受けたロシア政府高官も「ペトロ」の開発を手伝ったと報じている。「ペトロ」は実際、ベネズエラとロシア高官や資産家の非公式な合弁事業だとしている。

これに対し、ロシア財務省は「財務省当局でペトロの創設に携わったものはいない」と、この報道を否定。一方、ベネズエラ政府は黙秘しているという。

トランプ米大統領は19日、ベネズエラ、またはベネズエラにかわって発行された仮想通貨、ディジタルコイン、ディジタルトークン関連のいかなる取引も米国内で禁止する大統領令を出した。同時に対ベネズエラ追加制裁を発表。

マドゥロ大統領は、「トランプ大統領がペトロの力を恐れている証拠だ」と述べ、「我々南米諸国は正しい軌道上にある」と強気の姿勢を表明した。ベネズエラが米国の制裁を逃れ、マネーロンダリングを継続させるために「ペトロ」を創設したとの見方も少なくなく、トランプ大統領の措置を歓迎する意見も少なくない。

⇒「セキュリティから取引所を選ぶ」を読む

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!BITPOINTはログイン時の二段階認証の徹底、ホットウォレット等の施策では自社の独自アルゴリズムに基づき管理しているとして、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

関連記事

  1. MITメディアラボ「NYのビットライセンスには致命的な欠陥がある」

  2. みなし業者、業務改善命令【みなし業者一覧】

  3. タイ財務省、暗号資産に関する課税枠組みを発表

  4. 国際送金にXRP

  5. ナスダックがブロックチェーン活用

  6. パキスタン中銀、暗号通貨禁止

PAGE TOP

技術

トランプ政権とも関係を持つRipple

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場

ニュース

サイバー対策にAI活用[内部不正防止にも]

ニュース

GMOも日本円を担保にしたステーブルコイン開発へ[中国では]