ニュース

G20、初めて仮想通貨の上昇するリスクに焦点、監督の必要性を訴える

アルゼンチン、ブエノスアイレスで19日から20日まで2日間にわたり開催されていた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の声明で、G20は初めて、仮想通貨の上昇するリスクに焦点をあて、監督の必要性を訴えた。

声明では、「仮想通貨はソブリン通貨としての特質に欠ける」とし、「仮想通貨は通貨ではなく資産だ」と言及。「仮想資産は金融安定に影響を与えた可能性がある」とした。

また、「仮想通貨は脱税、マネーロンダリングや他の問題を生む」「仮想資産は国際的な基準で設定された期間により監督を続ける」と加えた。

⇒「セキュリティから取引所を選ぶ」を読む

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!BITPOINTはログイン時の二段階認証の徹底、ホットウォレット等の施策では自社の独自アルゴリズムに基づき管理しているとして、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

関連記事

  1. ブロックチェーン技術の普及

  2. 大阪にも!暗号通貨総合窓口オープン

  3. マイニングの需要考え規制変更

  4. 円相場急落

  5. Zaif、67億円分流失 [経営陣は辞任へ]

  6. ベラルーシ、ICO投資を行うのは審査制

PAGE TOP

ニュース

世界統一基準での規制、いよいよか

ニュース

第7回の研究会、取引規制が焦点

質問コーナー

RPGcoinとは?[質問コーナー]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

ステーブルコイン、取引所に続々上場

ニュース

xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

ニュース

本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ