ニュース

ビットフライヤー、BTCとネットマイルの交換が可能に

仮想通貨取引所大手ビットフライヤーとポイント交換所ネットマイルが19日に提携を発表し、両社間におけるポイント及び通貨の交換が開始された。交換レートとしては、ネットマイル2000マイルに対してビットコイン1000円相当だという。

ビットフライヤーは、既にほかの企業ともポイントなどの交換を行っている。同社のBTCを決済等に使える相手先としては、ぐるなびや輸入中古車を扱うIDOMのほか、ビックカメラなど多岐に渡る。今回のネットマイルとの提携を受けて、様々なポイントとの交換が可能となり、BTCがより個人の身近で使用できるようになるだろう。

2017年に上下を繰り返しながら1400%もの上昇劇をみせたビットコイン(BTC)に対し、これまで値動きばかりが脚光を浴びてきたが、実用性や決済通貨としての利便性が改めて注目される可能性がありそうだ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!BITPOINTはログイン時の二段階認証の徹底、資金移動には通常の暗唱番号のほかに登録メールアドレスに送られる認証番号が必要であるなどとしている。またホットウォレット等の施策では自社の独自アルゴリズムに基づき管理しているとして、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

関連記事

  1. 昨日(9/17)のニュースまとめ

  2. 日韓でブロックチェン送金を試行

  3. 中国のマイニング禁止とその実情

  4. SECは規制強化へ、最優先は「ICO」

  5. 仮想通貨建ての個人退職口座を騙る詐欺に注意

  6. 多額のビットコイン保有のサイバー犯罪組織の幹部を逮捕

PAGE TOP

ニュース

XRPの注目高まる[Liquidのレバレッジ取引に追加]

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ

ニュース

Microsoft、分散型IDの開発を発表[個人情報も自分で守る環境へ]

ニュース

制裁回避手段としての利用準備を進めるイランと監視強化を行うアメリカ

ニュース

ビッグデータの活用、分散型への歩み

ニュース

昨日(10/16)のニュースまとめ

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ