ニュース

仏中銀、金融機関による仮想通貨関連ビジネスの禁止を提言

フランス中央銀行は5日、仮想通貨の課題と機会に関するレポートを発表し、国内の金融機関に対し仮想資産による預金や融資に関与することを禁じることを提言した。

同レポートは、仮想通貨に対して批判的な意見を展開し、厳しい規制を提言している。仮想通貨は法的通貨でないことを強調したほか、サイバー攻撃や資金洗浄、テロ資金供与の媒体であると批判。また、最近の仮想通貨の価格の高騰は「チューリップバブル」に似た「投機によるバブル」だと指摘している。

規制の枠組みとしては、資金洗浄とテロ資金供与の対策の構築が優先事項だと主張。また、投資家保護とサイバー攻撃のリスク、金融市場の安定性を脅かす恐れについても懸念を表明している。国家レベルでの対策では不十分として、仮想資産に関する国際協調が必要との主張でレポートを締めくくった。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!BITPOINTはログイン時の二段階認証の徹底、資金移動には通常の暗唱番号のほかに登録メールアドレスに送られる認証番号が必要であるなどとしている。またホットウォレット等の施策では自社の独自アルゴリズムに基づき管理しているとして、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

関連記事

  1. ビットコインキャッシュ9割が長期保有、ビットコインは5割

  2. アブダビでICOのガイダンス公表

  3. 昨日(7/29)のニュースまとめ

  4. JPモルガン「仮想通貨は無くならない!」

  5. 仮想通貨マイニング業者に電力提供をしない企業が現れた

  6. 中央銀行のCBDCに関して割れる世界

PAGE TOP

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ

ニュース

Microsoft、分散型IDの開発を発表[個人情報も自分で守る環境へ]

ニュース

制裁回避手段としての利用準備を進めるイランと監視強化を行うアメリカ

ニュース

ビッグデータの活用、分散型への歩み

ニュース

昨日(10/16)のニュースまとめ

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]