ニュース

FSBのG20宛て書簡「仮想資産は現在、世界の金融安定リスクを生まない」

アルゼンチン、ブエノスアイレスで19−20日に開催される20カ国・地域(G20)財務相・中銀総裁会議を控えて、金融安定理事会(FSB、Financial Stability Board)は、カーニー議長のG20財務相宛書簡を公表した。強く、持続可能で均衡した成長の目標を強化することを目指すG20におけるFSBの最優先課題は、新しく、新興リスクを確認、判断し、対処するための用心深い監督をしていくことだと主張した。

メンバーの懸念に答え、FSBは速やかに拡大している仮想資産によって生じる金融安定リスクの見直しを行った。初期評価で、仮想資産は現在、世界の金融安定リスクを生まないとした。同時に、仮想資産市場は引き続き速やかに発展しており、仮想資産が著しく広範に使用されるようになるか、もしくは規制された金融システムと相互接続された場合、金融安定を生みかねず、この初期評価が変わる可能性もあると警告した。FSBは仮想資産による金融安定リスクの監督を強化する測定基準を確認し、適切にG20にアップデートしていく方針。

19−20日にアルゼンチン、ブエノスアイレスで開催されている20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では、保護主義貿易に加えて、仮想通貨資産で消費者、投資家保護に加え、マネーロンダリング、テロリストへの資金調達などの不正行為を防ぐ規制が主要議題となる。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!BITPOINTはログイン時の二段階認証の徹底、資金移動には通常の暗唱番号のほかに登録メールアドレスに送られる認証番号が必要であるなどとしている。またホットウォレット等の施策では自社の独自アルゴリズムに基づき管理しているとして、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

関連記事

  1. ビットコインファンデーション重役が予言!「ビットコイン年末までに400…

  2. ニュージーランドでICOの警告広がる

  3. 保身の対応は早いZaif

  4. 浮遊島プロジェクト

  5. インドネシア、ブロックチェーン技術に動く

  6. ビットコイン生みの親がノーベル賞に推薦される

PAGE TOP

技術

トランプ政権とも関係を持つRipple

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場

ニュース

サイバー対策にAI活用[内部不正防止にも]

ニュース

GMOも日本円を担保にしたステーブルコイン開発へ[中国では]