ニュース

ツィッター、仮想通貨関連の広告禁止を準備=英スカイ

ソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)、ツィッターは、今後2週間内に広告方針の見直しを行う。これに伴い、同社がフェースブック、グーグルに続き、イニシャルコインオファリング(ICO)、トークンセールス、通貨ウォレットに関する広告を世界的に禁止し、おそらく、ほぼ全ての取引所に関する広告も禁止する可能性があると、英国のスカイニュースが18日報じた。

フェースブックは本年1月、度々、虚偽広告や不正な行動につながる金融商品を促進する広告を禁止する決定をした。グーグルも今月に入り同様の措置をとった。フェイスブック、グーグル両社ともバイナリーオプションの広告も禁止。英国のActionFraudAuthorityの調査によると、過去6年間の英国の消費者、投資家の被害総額は400,000%上昇したという。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!BITPOINTはログイン時の二段階認証の徹底、資金移動には通常の暗唱番号のほかに登録メールアドレスに送られる認証番号が必要であるなどとしている。またホットウォレット等の施策では自社の独自アルゴリズムに基づき管理しているとして、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

関連記事

  1. Mr.Exchangeが人材募集

  2. 金融庁の目指すもの

  3. 欧州銀行監督局、仮想通貨専用のマネー管理規制が必要と提案

  4. 「回答していただければ報酬渡します」

  5. マネックス、暗号通貨事業赤字で株価下落

  6. マイニングの需要考え規制変更

PAGE TOP

技術

トランプ政権とも関係を持つRipple

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場

ニュース

サイバー対策にAI活用[内部不正防止にも]

ニュース

GMOも日本円を担保にしたステーブルコイン開発へ[中国では]