ニュース

トランプ米大統領、ベネズエラ政府発行の仮想通貨の米国内での取引禁止=大統領令

米国のトランプ大統領はベネズエラ政府またはベネズエラ政府のかわりに2018年1月9日、それ以降に発行された仮想通貨、ディジタルコイン、ディジタルトークン関連のいかなる取引を米国内で禁じる大統領令を出した。

破綻した経済を立て直す手立てとして、ベネズエラ政府は世界初の政府発行仮想通貨「ペトロ」発行した。同国が持つ石油資産によってその価値が保証されるとしている。
しかし、依然不透明性も強い。

トランプ大統領の大統領令発動を警戒し、仮想通貨ビットコインは19日、200ドル下落し、8388ドル近辺での推移となった。(コインベース)

CBOEビットコイン先物(3月限)は米国東部時間午後2時現在8370ドル、CMEビットコイン先物(3月限)は8355ドルでそれぞれ推移した。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!BITPOINTはログイン時の二段階認証の徹底、資金移動には通常の暗唱番号のほかに登録メールアドレスに送られる認証番号が必要であるなどとしている。またホットウォレット等の施策では自社の独自アルゴリズムに基づき管理しているとして、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

関連記事

  1. 韓国IT大手カカオ、ICOなど仮想通貨ビジネス開始を検討か

  2. ナスダックがブロックチェーン活用

  3. ビットコイン、インターネット初期よりも25%急成長中

  4. あなたのPCは大丈夫?勝手にマイニングを行うマルウェア

  5. 加電力会社ハイドロ・ケベック、マイニング事業の新規受け入れを停止

  6. ICOへの規制どうなるか[SEC、ICO強化へ動く?]

PAGE TOP

技術

トランプ政権とも関係を持つRipple

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場

ニュース

サイバー対策にAI活用[内部不正防止にも]

ニュース

GMOも日本円を担保にしたステーブルコイン開発へ[中国では]