ニュース

トランプ米大統領、ベネズエラ政府発行の仮想通貨の米国内での取引禁止=大統領令

米国のトランプ大統領はベネズエラ政府またはベネズエラ政府のかわりに2018年1月9日、それ以降に発行された仮想通貨、ディジタルコイン、ディジタルトークン関連のいかなる取引を米国内で禁じる大統領令を出した。

破綻した経済を立て直す手立てとして、ベネズエラ政府は世界初の政府発行仮想通貨「ペトロ」発行した。同国が持つ石油資産によってその価値が保証されるとしている。
しかし、依然不透明性も強い。

トランプ大統領の大統領令発動を警戒し、仮想通貨ビットコインは19日、200ドル下落し、8388ドル近辺での推移となった。(コインベース)

CBOEビットコイン先物(3月限)は米国東部時間午後2時現在8370ドル、CMEビットコイン先物(3月限)は8355ドルでそれぞれ推移した。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!BITPOINTはログイン時の二段階認証の徹底、資金移動には通常の暗唱番号のほかに登録メールアドレスに送られる認証番号が必要であるなどとしている。またホットウォレット等の施策では自社の独自アルゴリズムに基づき管理しているとして、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

関連記事

  1. 日銀山岡氏「仮想通貨が紙幣を超えて普及する可能性小さい」

  2. 大学で暗号通貨・ブロックチェーンに関する学科が新たに開設

  3. NASAもブロックチェーン技術を導入?!

  4. 仮想通貨活用の危険性

  5. 高級車メーカー「BMW」がさらにブロックチェーン企業と提携

  6. コインチェック問題から学ぶ ~安心できる取引所は無いのか~

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

取引所に続きNewfoundもマルタへ

ニュース

ETHを証券として扱う検討に反発

ニュース

豚の貯金箱ではなくスマート貯金箱

ニュース

タイ、暗号通貨課税の再検討を求める声

ニュース

クリプトジャッキングがサイバー犯罪として有力に

ニュース

IBMら大手銀行参加計画で試験取引実施

ニュース

マイニング需要は今後も続くか、半導体大手TSMCの判断

ニュース

暗号通貨取引所のCEOが市長選挙へ立候補