ニュース

黒田日銀総裁、仮想通貨、投資家保護や不正防止が重要、新しい技術はプラス

日本銀行の黒田総裁は仮想通貨に関し、消費者保護、投資家保護の観点、あるいはマネーロンダリング(資金洗浄)、その他の不適切な取引をどう防止していくかという観点があると指摘した。それは非常に重要な点だと思うと記者団に話した。一方で、新しい技術は金融にプラスな影響を与える可能性があり、両面を考えていく必要があると指摘した。

黒田総裁は、19−20日開催される20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議に出席するためアルゼンチン、ブエノスアイレスを訪問している。この会合では、保護主義貿易や仮想通貨規制が主要議題になると見られている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!BITPOINTはログイン時の二段階認証の徹底、資金移動には通常の暗唱番号のほかに登録メールアドレスに送られる認証番号が必要であるなどとしている。またホットウォレット等の施策では自社の独自アルゴリズムに基づき管理しているとして、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

関連記事

  1. 昨日(7/26)のニュースまとめ

  2. バイナンスはマルタ島に拠点を移動へ

  3. 日本でブロックチェーンを活用した投票は可能か

  4. 大暴落で取引所に痛手か

  5. 【楽天参入】全みなし業者へ大手企業の資本

  6. フランスは「仮想通貨デリバティブ取引」と「ネット広告」を規制へ

PAGE TOP

技術

トランプ政権とも関係を持つRipple

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場

ニュース

サイバー対策にAI活用[内部不正防止にも]

ニュース

GMOも日本円を担保にしたステーブルコイン開発へ[中国では]