ニュース

黒田日銀総裁、仮想通貨、投資家保護や不正防止が重要、新しい技術はプラス

日本銀行の黒田総裁は仮想通貨に関し、消費者保護、投資家保護の観点、あるいはマネーロンダリング(資金洗浄)、その他の不適切な取引をどう防止していくかという観点があると指摘した。それは非常に重要な点だと思うと記者団に話した。一方で、新しい技術は金融にプラスな影響を与える可能性があり、両面を考えていく必要があると指摘した。

黒田総裁は、19−20日開催される20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議に出席するためアルゼンチン、ブエノスアイレスを訪問している。この会合では、保護主義貿易や仮想通貨規制が主要議題になると見られている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!BITPOINTはログイン時の二段階認証の徹底、資金移動には通常の暗唱番号のほかに登録メールアドレスに送られる認証番号が必要であるなどとしている。またホットウォレット等の施策では自社の独自アルゴリズムに基づき管理しているとして、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

関連記事

  1. ロシア「債務返済での仮想通貨差し押さえを否認」と裁判所

  2. ビットコイン生みの親がノーベル賞に推薦される

  3. xVia(エックスヴィア)とは?

  4. スターバックスのシュルツ会長、新支払いアプリでブロックチェーン活用へ

  5. bitFlyer出入金遅延,数日たっても反映されず

  6. サイバー対策に本腰を入れた警視庁

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?

ニュース

昨日(7/17)のニュースまとめ

ニュース

NEMのBC技術活用した投げ銭サービス!!

ニュース

世界最大手BlackRockが参入検討か