ニュース

シンガポール中銀、ブロックチェーン活用した決済に注力

シンガポールの中央銀行に当たる金融通貨庁(MAS)のラヴィ・メノン長官は15日、シンガポール国内で開催された金融イベントでスピーチを行い、仮想通貨の最も有用な用途の一つが決済であるとの考えを示した。

シンガポールでは、決済の迅速化に向け、ブロックチェーン技術を活用したプロジェクト「ウビン」が進められている。既にカナダ銀行(中央銀行)と提携し、決済システムの試験・開発を行っているという。

一方、同長官は仮想通貨関連へのリスクが増大しているとの懸念を示し、マネーロンダリングなどの分野についても注意深く監視していると述べた。特に投資家保護に向け、仮想通貨を有価証券や先物同様規制する可能性にも言及している。ICO(仮想通貨を利用した資金調達の一種)を実施するにあたって、MASへの登録・承認が必要になるとみられている。

メノン長官は、当局の規制による制度整備が必要だとする一方で、規制によって技術開発を妨げることはしたくないとの考えを示している。同長官の発言やMASの取り組みを考えると、シンガポールが制度整備で各国を主導していく可能性もありそうだ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!BITPOINTはログイン時の二段階認証の徹底、資金移動には通常の暗唱番号のほかに登録メールアドレスに送られる認証番号が必要であるなどとしている。またホットウォレット等の施策では自社の独自アルゴリズムに基づき管理しているとして、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

関連記事

  1. Robinhood、初日手数料無料でサービス開始

  2. NASDAQ、ブロックチェーンベースのプラットホーム公開へ

  3. アブダビでICOのガイダンス公表

  4. 業務改善命令を受けた取引所の動き

  5. アメリカ、投資家保護を議論

  6. メルカリで「ハードウェアウォレット」出品禁止へ

PAGE TOP

ニュース

XRPの注目高まる[Liquidのレバレッジ取引に追加]

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ

ニュース

Microsoft、分散型IDの開発を発表[個人情報も自分で守る環境へ]

ニュース

制裁回避手段としての利用準備を進めるイランと監視強化を行うアメリカ

ニュース

ビッグデータの活用、分散型への歩み

ニュース

昨日(10/16)のニュースまとめ

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ