ニュース

FSB、仮想通貨は金融システムのリスクとなり得ると警告

各国・地域の金融機関を監督する当局で構成する金融安定理事会(FSB)のマーク・カーニー議長が18日、20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議に先立って、参加国の中央銀行と財務大臣に対して、仮想通貨の台頭は将来的に世界的な金融システムに影響を与える恐れがある文書で警告した。同議長は、英中央銀行のイングランド銀行の総裁も務める。

同議長は、昨年末の仮想通貨の価格高騰のピーク時でさえ、仮想通貨の市場価格が世界のGDPの1%に満たなかったことを指摘。また、貨幣の代替品としてほとんど使われていないことを理由に「現時点では、仮想通貨は世界的な金融の安定性を脅かすものではない」との見方を示した。

一方で、仮想通貨の利用が拡がれば、金融システムにとってリスクになり得るとして、FSBが評価基準を探り、監視していく方針を示した。

G20は19日から二日間の日程でアルゼンチンで開催され、仮想通貨に関する国際的な規制の設定に向けて議論を行われる。FSBの文書は、国際的な協調に向けた後押しになったものと思われる。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!BITPOINTはログイン時の二段階認証の徹底、資金移動には通常の暗唱番号のほかに登録メールアドレスに送られる認証番号が必要であるなどとしている。またホットウォレット等の施策では自社の独自アルゴリズムに基づき管理しているとして、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

関連記事

  1. 韓国新規制「高額入出金に報告義務」

  2. BTC3週間ぶり安値、韓国当局による最大取引所の強制捜査を嫌気

  3. シベリアにロシア最大マイニング場開設

  4. ブロックチェーンで人身売買を無くす

  5. 警察がマイニングの為に職場で盗電

  6. インスタ、ブロガー、広告料を仮想通貨で受領も

PAGE TOP

ニュース

XRPの注目高まる[Liquidのレバレッジ取引に追加]

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ

ニュース

Microsoft、分散型IDの開発を発表[個人情報も自分で守る環境へ]

ニュース

制裁回避手段としての利用準備を進めるイランと監視強化を行うアメリカ

ニュース

ビッグデータの活用、分散型への歩み

ニュース

昨日(10/16)のニュースまとめ

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ