ニュース

不正マイニングに警視庁が警告

「クレイモア」という人気仮想通貨イーサリアムのマイニングソフトウェアを使った不正マイニングに関して、警視庁は警告した。

未だに、不正マイニングの報告は後を絶たない。

また、ユーザーのコンピュータの環境を無断で使うのではなく「ユーザーへ告示」した状態でマイニングをし、その代わりユーザーは無料でコンテンツ等を閲覧できるというサービスもあるが、これに関しては賛否両論だ。どちらにせよ、ユーザーの環境を使って「通貨」を掘るというのは、また通信関係の法律に触れる可能性がある。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!BITPOINTはログイン時の二段階認証の徹底、資金移動には通常の暗唱番号のほかに登録メールアドレスに送られる認証番号が必要であるなどとしている。またホットウォレット等の施策では自社の独自アルゴリズムに基づき管理しているとして、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

関連記事

  1. 暗号通貨普及に必要なのは技術か信頼か

  2. BTC保持者の身元特定システム開発

  3. 資金洗浄の疑いがある届出、過去最多[コンプライアンス意識の向上]

  4. 東京大学でRipple講演[国際送金の課題]

  5. 1週間(5/27~6/2)のニュースまとめ

  6. Ethereum、活発な開発[開発に携わる技術者最も多く]

PAGE TOP

ニュース

EVETokenとは?取引所bitcastle[コインの森]

ニュース

Nayuta、NayutaWalletソースコード公開

ニュース

BitClub、詐欺で逮捕

ニュース

竹田泰氏、ステーブルコイン[xcoin]発行計画[プライベートチェーンでの発行]…

ニュース

取引所HuobiでBTC還元キャンペーン

ニュース

昨日(12/10)のニュースまとめ

ニュース

1週間(12/3~12/10)のニュースまとめ

ニュース

関西電力・日本ユニシス、共同研究[ブロックチェーン]