ニュース

フィンテック企業トゥルー、デリバティブ市場を創設

スワップの指定契約市場(DCM)としては、初めて商品先物取引委員会(CFTC)に承認された企業となったフィンテック企業の「トゥルーEX」は今後、仮想通貨のデリバティブ市場を創設する計画をしている。

仮想通貨市場は「インフラ」の弱さが露呈されている。投資対象としての是非のまえにユーザーが安心して投資できるインフラを整える必要がある。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!BITPOINTはログイン時の二段階認証の徹底、資金移動には通常の暗唱番号のほかに登録メールアドレスに送られる認証番号が必要であるなどとしている。またホットウォレット等の施策では自社の独自アルゴリズムに基づき管理しているとして、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

関連記事

  1. 編集できるブロックチェーンを開発できるか、アクセンチュアの野望

  2. 昨日(6/15)のニュースまとめ

  3. Coinbase、取引上限引き上げ

  4. オマーン銀行、リップルネット加盟

  5. GMOも⁈BCHのマイニング停止か⁈[CEO後日否定]

  6. スイスの大学がビットコインを導入

PAGE TOP

技術

トランプ政権とも関係を持つRipple

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場

ニュース

サイバー対策にAI活用[内部不正防止にも]

ニュース

GMOも日本円を担保にしたステーブルコイン開発へ[中国では]