ニュース

韓国、飲食店で仮想通貨決済。実用化広がる。

韓国の大手仮想通貨取引所である「ビッサム」は今後飲食店などで同社の口座から支払いが出来るような”専用端末”の貸し出しを行っていくようだ。

一度は仮想通貨規制が強まった韓国だが、「完全実名取引」を義務化することで規制の波が収まりそうだ。しかし業界の発展を考えれば実用化という面で実際の支払いに使えるという環境は良い意味を持つ。今後もこのようなキャッシュレスの一環とともに仮想通貨払いのできる場所は増えていくことがユーザーにとっても、業界にとっても大事だ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!BITPOINTはログイン時の二段階認証の徹底、資金移動には通常の暗唱番号のほかに登録メールアドレスに送られる認証番号が必要であるなどとしている。またホットウォレット等の施策では自社の独自アルゴリズムに基づき管理しているとして、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

関連記事

  1. EOS、中国政府による格付け再び1位に

  2. ビットコインの取引所50社がライセンス申請

  3. タイ、ICO先進国となるか

  4. 指定暴力団、暗号通貨で資金洗浄

  5. NEMが悪いわけではない ~コインチェック問題~

  6. 日本に暗号通貨を普及させるには

PAGE TOP

ニュース

巨額の資金調達に成功していたプロジェクト、中止へ

ニュース

イスラム金融での活躍に期待、Ripple

ニュース

McAfee、2018年セキュリティ事件ランキング発表

ニュース

サウジ・UAE、暗号通貨共同開発[イスラム金融の変化]

ニュース

昨日(12/13)のニュースまとめ

ニュース

活発になる欧州の動き[ドイツで取引所開設へ]

ニュース

FATF、イギリスに暗号通貨法規制強化を指摘

ニュース

SBI VC、14日からETHの取り扱い開始へ[暗号通貨の入出金は]