ニュース

Gppgleアドワーズ、仮想通貨関連を規制か

Gppgleアドワーズ経由で仮想通貨業界関連の広告を出している企業たちの表示数が減っているようだと一部のメディアが報じている。

アカウントが停止されたというユーザーもいるようだ。

FacebookやTwitterも同様の措置検討をしているが、実際には規制が行き届いていないのが現状だが、グーグルは今後どこまで規制をかけてくるのか注目だ。

◆ BITPOINT(ビットポイント)

メタトレーダーが使える仮想通貨取引所!BITPOINTはログイン時の二段階認証の徹底、資金移動には通常の暗唱番号のほかに登録メールアドレスに送られる認証番号が必要であるなどとしている。またホットウォレット等の施策では自社の独自アルゴリズムに基づき管理しているとして、例え秘密鍵が漏れても第三者がその秘密鍵を解読できないような対策を行っている。

関連記事

  1. テックビューロ(Zaif)、OAuth認証機能での対策

  2. スウェーデンのノルデア銀行従業員の仮想通貨取引禁止へ

  3. 存在しないはずの【行方不明取引】

  4. 韓国とオーストラリア間で約400億円超えの不正送金

  5. コンセンサスアルゴリズムの種類

  6. クレジットカードを利用しての暗号通貨購入禁止

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

基礎知識

【初心者向け】ICOとは

ニュース

ステラ・ルーメンズ(XLM)基盤のプラットフォーム

ニュース

昨日(7/18)のニュースまとめ

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?