ニュース

フィンランドの銀行、仮想通貨関連企業の口座凍結

フィンランドでは現在は仮想通貨における法規制が進んでいない。

そんな中で、多くの銀行が仮想通貨において一番危惧されているマネーロンダリングを大きく危険視して、仮想通貨の交換業を行うプラソス社との取引を遮断している。

同社は法順守を公言しているが銀行も国の方針を見守る方向だ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 1.9億円詐欺の指示役、逮捕か

  2. 今注目のIOTA

  3. アリババ、ロシアでの独占狙う

  4. デラウェア州医療協会、ヘルスケアへのアクセスを改善するブロックチェーン…

  5. MUFJ、サイバー犯罪に備え情報保護体制構築

  6. アリババ社、ドバイのアリババコインを提訴

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨の慈善活動と政治活動での扱いの差

ニュース

昨日(9/25)のニュースまとめ

ニュース

「情報銀行」への日本企業・団体・政府の動き

ニュース

知らないうちにXRPを利用する環境へ

ニュース

SBI VC、12月に暗号通貨の入出金受付、ETHの取り扱い開始へ

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]