ニュース

フィンランドの銀行、仮想通貨関連企業の口座凍結

フィンランドでは現在は仮想通貨における法規制が進んでいない。

そんな中で、多くの銀行が仮想通貨において一番危惧されているマネーロンダリングを大きく危険視して、仮想通貨の交換業を行うプラソス社との取引を遮断している。

同社は法順守を公言しているが銀行も国の方針を見守る方向だ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 加トロント証券取引所の親会社TMX、仮想通貨ブローカープラットフォーム…

  2. 昨日(6/18)のニュースまとめ

  3. ナイジェリア政府が仮想通貨使用に警告

  4. 第7回の研究会、取引規制が焦点

  5. Lightning Labs、250万ドル資金調達、投資家はツィッター…

  6. 「仮想通貨」から「暗号資産」へ

PAGE TOP

ニュース

1週間(3/18~3/24)のニュースまとめ

ニュース

昨日(3/23)のニュースまとめ

ニュース

モバイル決済投資サービスZeux、新たにIOTA対応発表

ニュース

取引所CoinField、XRP基軸市場に130種ものトークン追加発表

ニュース

イスラム法準拠の取引所Rainにリップル(Ripple/XRP)上場

ニュース

取引所OKEx、独自チェーン・DEXの計画発表[大手取引所によるDEX]

ニュース

取引所bitbank、BSVを日本円に換算して付与

ニュース

昨日(3/22)のニュースまとめ