ニュース

フィンランドの銀行、仮想通貨関連企業の口座凍結

フィンランドでは現在は仮想通貨における法規制が進んでいない。

そんな中で、多くの銀行が仮想通貨において一番危惧されているマネーロンダリングを大きく危険視して、仮想通貨の交換業を行うプラソス社との取引を遮断している。

同社は法順守を公言しているが銀行も国の方針を見守る方向だ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 【PR記事】ミンドル[MINDOL/MIN]とは?

  2. 仮想通貨の暴落をうけてネットでは自殺防止ホットライン

  3. またもやチャイナリスク、ビットコイン一時八万円台まで下落

  4. 営業中、登録業者の処分一覧

  5. ナスダック、電子投票システムを開発

  6. HitBTCが金融庁の意向に従い、日本でのサービス停止

PAGE TOP

ニュース

巨額の資金調達に成功していたプロジェクト、中止へ

ニュース

イスラム金融での活躍に期待、Ripple

ニュース

McAfee、2018年セキュリティ事件ランキング発表

ニュース

サウジ・UAE、暗号通貨共同開発[イスラム金融の変化]

ニュース

昨日(12/13)のニュースまとめ

ニュース

活発になる欧州の動き[ドイツで取引所開設へ]

ニュース

FATF、イギリスに暗号通貨法規制強化を指摘

ニュース

SBI VC、14日からETHの取り扱い開始へ[暗号通貨の入出金は]