ニュース

ビットコイン決済関連企業PEY、34万ドルを調達

ビットコイン決済のスタートアップ企業であるPEYは30万ユーロ(約34万ドル)を調達した。同社は給与支払いサービスなどの提供を予定している。

PEY創設者のRicardo Ferrer Rivero氏は、「今回の資金調達は、開発者の雇用や法律関係の費用に充てる予定だ。これによってユーザーへさらに多くの機会を提供できると考えている。現在、ドイツではビットコインは通貨としては認識されていない。我々の顧問弁護士は、法律的に、また税務関係でもビットコインについての理解を深める手助けをしてくれている。」と述べている。

ビットコインで給与支払いサービスを行う、ということはそれが通貨として機能することが望まれるし、また税務上もそのように認識されたほうが流れがシンプルになるが、国家レベルでその状態になるのはまだ先の話なのでPEYのような企業が良い仕組みを構築できれば手数料面などで有利なサービスになり得るだろう。

関連記事

  1. ロシアのバーガーキングが自社で暗号通貨を発表

  2. アメリカ仮想通貨公聴会まとめ

  3. 米カリフォルニア州の主要都市がICOを計画

  4. ロシア法整備へ

  5. MUFGとNTTがタッグ

  6. イギリスで金備蓄を担保にした独自仮想通貨発行へ

会計事務所紹介センター

Rentberry

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

Microsoft ブロックチェーンの新たな活用法研究

ニュース

ロシアが規制法案発表

ニュース

仮想通貨は本当に”eco”なのか

ニュース

【速報】熊本電力がマイニング参戦!

ニュース

【速報】世界大手、「クラーケン」がXRP/JPYを取り扱いに追加!

ニュース

【速報】韓国政府「仮想通貨規制担当」が自宅で不審死

ニュース

コインチェック、他社と資本提携か?

ニュース

【上場廃止か??】元飲料会社ロング・ブロックチェーン、社名変更も無意味