ニュース

アメリカでも仮想通貨の優遇法進む

アメリカの西部のワイオミング州の議会では、一定の条件を満たすと「トークン」が「証券」として扱われないとするような優遇法を進めている。

多くの国で問題となっているのは、「トークン」の定義である。これが証券にあたるとすれば取り扱う業者は認可を得る必要があり、証券でもなんでもないというならば認可を取る必要が無くなり、業者からすれば大きな差が生まれる。

イギリスでは積極的に既存の法に当てはめているが、現段階では”投資家保護”の観点で言えば、これがだたしいと思われる。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. バークシャー傘下の鉄道会社、ブロックチェーン技術適用に注目

  2. 英政府、仮想通貨の潜在的リスクの研究へ

  3. G20、仮想通貨規制を議論へ

  4. 米債券王ガンドラック氏、BTCを市場のセンチメント指針として活用

  5. VISAの元CEO、ブロックチェーン企業CEO就任

  6. ライフカード社がVISAプリペイドでビットコインを利用できるサービスを…

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

Microsoft、著作権問題解決に動き出す

ニュース

昨日(6/24)のニュースまとめ

ニュース

スタンフォード大学、ブロックチェーン技術研究センター設立

ニュース

XRPは有価証券になるのか

ニュース

ライトニングネットワーク(LN)とは?

ニュース

千葉県警が暗号通貨などに関する研修

ニュース

ライトニングネットワーク上でポケモン

ニュース

1週間(6/18~23)のニュースまとめ