ニュース

アメリカでも仮想通貨の優遇法進む

アメリカの西部のワイオミング州の議会では、一定の条件を満たすと「トークン」が「証券」として扱われないとするような優遇法を進めている。

多くの国で問題となっているのは、「トークン」の定義である。これが証券にあたるとすれば取り扱う業者は認可を得る必要があり、証券でもなんでもないというならば認可を取る必要が無くなり、業者からすれば大きな差が生まれる。

イギリスでは積極的に既存の法に当てはめているが、現段階では”投資家保護”の観点で言えば、これがだたしいと思われる。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. モナコインが中国取引所QBTCに上場

  2. コインチェック再開目処も、出金申請300億

  3. 今注目のAidos Kuneen(ADK)とは

  4. メキシコの規制状況

  5. ビットコインでチャリティー、100万ドル相当

  6. ロシアの最高裁、暗号通貨と禁止控訴へ見直し要求

PAGE TOP

ニュース

1週間(3/18~3/24)のニュースまとめ

ニュース

昨日(3/23)のニュースまとめ

ニュース

モバイル決済投資サービスZeux、新たにIOTA対応発表

ニュース

取引所CoinField、XRP基軸市場に130種ものトークン追加発表

ニュース

イスラム法準拠の取引所Rainにリップル(Ripple/XRP)上場

ニュース

取引所OKEx、独自チェーン・DEXの計画発表[大手取引所によるDEX]

ニュース

取引所bitbank、BSVを日本円に換算して付与

ニュース

昨日(3/22)のニュースまとめ