ニュース

マレーシア中銀、投資家の誤解を招くICOに対して注意喚起

マレーシア中央銀行は11日、コインザー(Coinzer)のICOについての注意喚起を発表した。同行が承認・支持していないにも関わらず、同通貨のデザインやホワイトペーパー、ウェブサイトにマレーシア中銀のロゴやマレーシアの国章などが無断使用されているとして市民に注意するよう促している。

一部では、今回の警告は当局によるICOへの監督強化であるとの見方もあるようだ。マレーシア証券委員会は1月9日、ICOを計画するスタートアップ企業に対して中止を命令。その後、同証券委員会及びマレーシア中銀は共同でICOの監督強化に関する共同声明を発表していた。

マレーシアはイスラム教を国教としており、教義において賭博が禁止されている。仮想通貨取引はその投機性の高さから賭博に類似しているとの見方もあり、あまり歓迎はされていないようだ。そういった外部環境の中で、こうした投資家の誤解を狙った行為が多発すればより厳しい規制につながる可能性もある。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. ロシア、暗号通貨規制の目標

  2. 制裁回避手段としての利用準備を進めるイランと監視強化を行うアメリカ

  3. ニュージーランドがICOに新たな見解

  4. ブロックチェーン技術への各国の動き活発化

  5. テレグラム創設者が「詐欺」に注意勧告

  6. ビットメイン、BTCのハッシュレート42%も占める

PAGE TOP

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化

ニュース

CBDCの実現

ニュース

活発になるEUの動き[法規制整備で健全化]

ニュース

Huobi、ロシアでも取引所開設[世界進出に注力]

ニュース

昨日(12/9)のニュースまとめ

ニュース

分散投資とは[リスクを抑えるためにできること]