ニュース

マレーシア中銀、投資家の誤解を招くICOに対して注意喚起

マレーシア中央銀行は11日、コインザー(Coinzer)のICOについての注意喚起を発表した。同行が承認・支持していないにも関わらず、同通貨のデザインやホワイトペーパー、ウェブサイトにマレーシア中銀のロゴやマレーシアの国章などが無断使用されているとして市民に注意するよう促している。

一部では、今回の警告は当局によるICOへの監督強化であるとの見方もあるようだ。マレーシア証券委員会は1月9日、ICOを計画するスタートアップ企業に対して中止を命令。その後、同証券委員会及びマレーシア中銀は共同でICOの監督強化に関する共同声明を発表していた。

マレーシアはイスラム教を国教としており、教義において賭博が禁止されている。仮想通貨取引はその投機性の高さから賭博に類似しているとの見方もあり、あまり歓迎はされていないようだ。そういった外部環境の中で、こうした投資家の誤解を狙った行為が多発すればより厳しい規制につながる可能性もある。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. マウントゴックス元CEO清算後に残った資金に対して不満

  2. Zaif事業譲受の現状と今後のスケジュール

  3. 雑誌WIREDでブロックチェーン特集が組まれる

  4. BlackWalletがハッキングされた?

  5. 仮想通貨取引所、上位10社は日額3億円以上を稼ぐ

  6. ICOで1,820億円もの詐欺

PAGE TOP

ニュース

1週間(3/18~3/24)のニュースまとめ

ニュース

昨日(3/23)のニュースまとめ

ニュース

モバイル決済投資サービスZeux、新たにIOTA対応発表

ニュース

取引所CoinField、XRP基軸市場に130種ものトークン追加発表

ニュース

イスラム法準拠の取引所Rainにリップル(Ripple/XRP)上場

ニュース

取引所OKEx、独自チェーン・DEXの計画発表[大手取引所によるDEX]

ニュース

取引所bitbank、BSVを日本円に換算して付与

ニュース

昨日(3/22)のニュースまとめ