ニュース

イーサ、米国で機関投資家市場参入へ

米国ニューヨークを拠点とするブロックチェーンアプリケーションの新興企業ConsenSys、は12日、オンラインの金利スワップトレーディングtrueEXの子会社、TrueDigitalと提携すると発表した。仮想通貨イーサリアムの市場開拓を目指す。

発表によると、2社は、ビットコインに続き総額で2番目に大きなイーサ(ETH)の指標となる価格指数を創設。機関投資家が取引可能な仮想通貨取引商品を作ることを目標とする。

trueEXは同時に、仮想通貨資産の派生商品の市場を作ることを発表。最初の商品は、TrueDigitalブランドでスワップトレーディンプラットフォーム上、ビットコインの取引がまず提供されるようだ。米商品先物取引委員会(CFTC)の承認待ちだという。仮想通貨関連の派生商品への機関投資家から増えている要求に応えた形だとした。

TrueDigitalの創設者は、「機関投資家は規制され流動性のあるエクスポージャーを増やし、より重要になりつつあるディジタル通貨のヘッジに興味をもっている」と述べた。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 日本、キャッシュレス決済比率は約2割

  2. 詐欺ICOを一掃する取り組み

  3. 草コインとは?[初心者向け]

  4. イギリス規制状況

  5. 金融庁が仮想通貨事業者に業務停止命令

  6. インドビットコインサービス大手Zebpay が新たに500万ドルを調達…

PAGE TOP

ニュース

巨額の資金調達に成功していたプロジェクト、中止へ

ニュース

イスラム金融での活躍に期待、Ripple

ニュース

McAfee、2018年セキュリティ事件ランキング発表

ニュース

サウジ・UAE、暗号通貨共同開発[イスラム金融の変化]

ニュース

昨日(12/13)のニュースまとめ

ニュース

活発になる欧州の動き[ドイツで取引所開設へ]

ニュース

FATF、イギリスに暗号通貨法規制強化を指摘

ニュース

SBI VC、14日からETHの取り扱い開始へ[暗号通貨の入出金は]