ニュース

Ripple、既存ユーザーの身分証提出を促進

ユーザーに対して身分証提出を求め、その期限を10月30日としているRippleだが、身分証の提出とユーザーの継続利用を促進するため、提出完了者へXRPのボーナスを始めた。

Rippleの身分証提出はユーザーにとって驚きであり、また面倒な手続きと捉えられがちなのか、提出と認証があまり進んでいない模様だ。

このような状況の中で当初8月30日が提出期限だったが、現在は10月30日に変更され、提出期限に猶予ができている。

さらにユーザーの身分証提出を促すため、Rippleは身分証提出を完了させたユーザーに対して500XRPのボーナスを与える施策を講じている。

Rippleへの身分証提出は公的な証明書が必要で、さらに住所確認書類の提出も求められるケースが多い。

IRBA公認のRippleGatewayでも提出の方法を解説しているが、一度提出しても「証明情報不足」となり追加の証明を求められるケースが多発しているようだ。

英語での公的証明が可能なパスポート等は受理されやすいようなので、Rippleユーザーはこの辺りを意識して身分証提出をクリアすることでボーナスXRPを受け取ることができるだろう。

関連記事

  1. コロンビアではビットコインは「違法」

  2. NASDAQ、ブロックチェーン技術を未公開株式市場に活用

  3. 中国大手Huobiが独自トークン

  4. 仮想通貨界で話題のAugur、クラウドセールが好調

  5. Forbesでリップルの価格上昇を明言

  6. GMO子会社が「仮想通貨FX」開始24日から

会計事務所紹介センター

Rentberry

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

仮想通貨の自主規制団体がついに統合へ向け協議

ニュース

【何故】仮想通貨反対キャンペーンにポーランドの中央銀行スポンサーとなっていた

ニュース

米ホワイトハウス関係者、仮想通貨関連規制は当面先であるとの見方を示す

ニュース

Mr.Exchangeで誤作動か?ユーザーの不信感高まる

ニュース

【全額返金へ】コインベースが仮想通貨購入代金を過剰請求、VISAも認める

ニュース

テレグラムのICOは既に900億円調達済

ニュース

スイスはICOのガイドライン発表

ニュース

コインベースが大規模決済サービスへ