ニュース

EU高官、仮想通貨マイニングを禁止する法的根拠なし

欧州委員会は、欧州連合(EU)内の仮想通貨マイニング用の電力消費が増えていることに対する懸念に注視していることを明らかにした。ディジタル経済、社会を監督しているマリヤ・ガブリエル委員が明らかにした。

委員会は仮想通貨やブロックチェーンテクノロジーによる電力消費の拡大に関しての懸念を認識している。現状ではEU内で電力消費を抑制または、限定する法的根拠はない。しかし、電力消費は経済活動で、EU規制の支配下によるエネルギー効率にあてはまる。
委員会は仮想通貨マイニングは違法活動ではなく、監視はしない。しかし、エネルギー需要に与える影響を見直していく方針。ブロックチェーンテクノロジーのアプリケーション処理能力のための必要性が広域に及ばないよう留意していくことが重要だと指摘した。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 日本企業、暗号通貨を担保に融資サービス

  2. SBI北尾社長「使われる仮想通貨へ」

  3. ウクライナ政府、Bitfuryと提携、初のブロックチェーン電子政府計画…

  4. 金銭の絡まない評価を届ける暗号通貨

  5. 日本初。学内仮想通貨「百虎」実証実験開始へ

  6. ブロックチェーン技術で米の真正性確保

PAGE TOP

ニュース

東南アジア諸国のブロックチェーン市場急成長[各国の取り組み状況]

ニュース

Zaif、MONA・BCHの流失額公表[各機関・団体の対応]

ニュース

昨日(9/21)のニュースまとめ

ニュース

RippleNet拡大、XRP急騰[ついに動き出したリップル]

ニュース

Binance、世界を制する取引所へ

ニュース

LINE,日本の暗号通貨業界をけん引していく存在へ

ニュース

昨日(9/20)のニュースまとめ

ニュース

NY当局に目をつけられた暗号通貨取引所[NYはもう金融の中心地ではなくなる]