ニュース

欧州銀行監督機構(EBA)、フィンテック規制のロードマップを来週発表

欧州銀行監督機構(EBA)アンドレア・エンリア議長は9日、コペンハーゲン・ビジネス・スクールにてスピーチを行い、来週フィンテック業界に対する規制のロードマップを発行することを明らかにした。

8日に欧州委員会が発表した「フィンテック・アクションプラン」と、EBAが2017年8月に発表したフィンテックに関するディスカッションペーパーに対する議論の結果を基に決定した2年間の優先事項を示すものになるという。

エンリエ議長は、規制の方向性について「フィンテック企業が平等な条件で金融サービス市場に参入し、消費者保護が高い水準で保たれることを保証しなければならない」と語った。欧州連合(EU)域内での包括的な規制を目指すため、フィンテック企業が提供するサービスとそれらに対する規制措置を調査し、年内に結果を報告するという。また、新たな事業やサービスの試験運用のため、関連する現行法の規制を一時的に停止する特例制度「レギュラトリー・サンドボックス」など、各国の規制当局が設定する規制環境を再調査すると伝えている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. マクラーレン乗りますか

  2. 昨日(6/24)のニュースまとめ

  3. ウクライナ、5%の課税検討へ

  4. スイス金融当局、ICOガイドラインを発表

  5. 昨日(9/15)のニュースまとめ

  6. 昨日(10/26)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

昨日(12/14)のニュースまとめ

ニュース

巨額の資金調達に成功していたプロジェクト、中止へ

ニュース

イスラム金融での活躍に期待、Ripple

ニュース

McAfee、2018年セキュリティ事件ランキング発表

ニュース

サウジ・UAE、暗号通貨共同開発[イスラム金融の変化]

ニュース

昨日(12/13)のニュースまとめ

ニュース

活発になる欧州の動き[ドイツで取引所開設へ]

ニュース

FATF、イギリスに暗号通貨法規制強化を指摘