ニュース

【続々登場】カンボジアも独自の仮想通貨を発行へ

ベネズエラのケースを踏まえて、多くの国が独自の仮想通貨の発行を計画しているが、カンボジア政府も独自の仮想通貨「Entapay」の発行を検討しているようだ。

そもそもカンボジアでは米ドルが普及しており、普通に銀行口座を作ったら米ドルの口座となるが、今後カンボジア政府がこの独自通貨をどのように活用していくことが出来るか楽しみだ。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. みずほ銀行がIBMと開発した「みずほマネー」の検証実験を実施

  2. ビットコインがトラブルで殺人!?

  3. XRP、各国取引所に上場

  4. SBIがJCBなどと提携

  5. ロシア中央銀行もICOと暗号通貨に対しリスクを表明

  6. 韓国「取引実名制」導入で取引可能に

PAGE TOP

ニュース

巨額の資金調達に成功していたプロジェクト、中止へ

ニュース

イスラム金融での活躍に期待、Ripple

ニュース

McAfee、2018年セキュリティ事件ランキング発表

ニュース

サウジ・UAE、暗号通貨共同開発[イスラム金融の変化]

ニュース

昨日(12/13)のニュースまとめ

ニュース

活発になる欧州の動き[ドイツで取引所開設へ]

ニュース

FATF、イギリスに暗号通貨法規制強化を指摘

ニュース

SBI VC、14日からETHの取り扱い開始へ[暗号通貨の入出金は]