ニュース

中国は実名取引プラットフォームを国が運営か

仮想通貨業界において強い規制をしていることで目立っている中国は、「国営の仮想通貨取引所」を設立する考えを明らかにした。

このプラットフォームは中国人民銀行(PBOC)と中国証券規制委員会(CSRC)が共同で進めていくようだ。またこの取引所は実名での取引が義務付けられるようで、今後中国は国民の取引を厳しく管理していくと見られている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. 【業界へのチャレンジ!!】仮想通貨払いでネイルの勉強!

  2. 渋谷のスタートアップ、1億円調達

  3. 日本金融機関、スマホサービスも活発に[競争激化で変化]

  4. ロシアの中央銀行がICOに前向きか

  5. Zaif事業譲渡の手続き開始[フィスコに譲渡後もサービス内容に変更なし…

  6. 昨日(7/23)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

取引所bitFlyer、証拠金取引サービスの変更を延期

ニュース

1週間(4/15~4/20)のニュースまとめ

ニュース

昨日(4/20)のニュースまとめ

ニュース

Crypto Garage,P2Pプロトコル開発[国内サンドボックス認定企業]

ニュース

Xpring、Bolt Labsへ出資[匿名技術の導入か]

ニュース

MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供予定

ニュース

RBI,サンドボックス草案発表[暗号通貨は対象外もブロックチェーン技術は対象]

ニュース

昨日(4/19)のニュースまとめ