ニュース

中国は実名取引プラットフォームを国が運営か

仮想通貨業界において強い規制をしていることで目立っている中国は、「国営の仮想通貨取引所」を設立する考えを明らかにした。

このプラットフォームは中国人民銀行(PBOC)と中国証券規制委員会(CSRC)が共同で進めていくようだ。またこの取引所は実名での取引が義務付けられるようで、今後中国は国民の取引を厳しく管理していくと見られている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. フェイスブック、フェイスブックコイン真剣に検討へ

  2. SBI 送金用スマホアプリ開発

  3. カナダの取引所、日本市場進出計画

  4. テレグラムはプレセール参加者を選別

  5. 勢力を確実に広めていくNEM

  6. ロシアの暗号通貨戦略

PAGE TOP

ニュース

昨日(8/20)のニュースまとめ

ニュース

SBI,地域独自電子通貨発行支援

ニュース

ドイツでSTOプラットフォームの認可

ニュース

韓国取引所の97%が経営危機[市場縮小と取引所の信頼]

ニュース

楽天ウォレット、現物取引サービス開始

ニュース

【bitFlyer】Tポイントでビットコインの購入可能に‼

ニュース

送金サービス[One Pay FX]、ラテンアメリカでの提供準備[xCurren…

ニュース

ニューヨーク州最高裁、NYAGの調査許可[Bitfinex/Tether]