ニュース

中国は実名取引プラットフォームを国が運営か

仮想通貨業界において強い規制をしていることで目立っている中国は、「国営の仮想通貨取引所」を設立する考えを明らかにした。

このプラットフォームは中国人民銀行(PBOC)と中国証券規制委員会(CSRC)が共同で進めていくようだ。またこの取引所は実名での取引が義務付けられるようで、今後中国は国民の取引を厳しく管理していくと見られている。

⇒「セキュリティ状況から取引所を選ぶ」を読む

関連記事

  1. XRP勢い止まらず

  2. 存在しないはずの【行方不明取引】

  3. 金融活動作業部会(FATF)、仮想通貨の犯罪利用に対して取り組み強化へ…

  4. 仮想通貨の取引量、一日に7億ドルを突破。

  5. 新たに認可取引所誕生[フィリピン]

  6. 日銀の黒田総裁、仮想通貨は法定通貨を脅かすものではないと発言

PAGE TOP

ニュース

MyEtherWallet、KYCなしに暗号通貨・法定通貨取引可能に

ニュース

みずほ、[J-coin-Pay]サービス3月から開始!!

ニュース

返済できない負債を暗号通貨で返済[WFCの実態]

ニュース

証券業界、利便性向上のための構想[ブロックチェーン技術・DLT]

ニュース

Ripple社、[Just-in-time]の重要性について語る[Mercury…

ニュース

Liquidでも、クレジット・デビットカード決済可能に

ニュース

昨日(2/21)のニュースまとめ

ニュース

GMO.レバレッジ取引専用ツールの提供